😎

【AWS CLI】リージョン一覧を出力する

1 min read

検証環境

  • aws-cli 2.2.29

有効になっているリージョンの一覧を出力する

ec2 describe-regions で有効になっているリージョンの一覧を出力できる。

コマンド
$ aws ec2 describe-regions

OptInStatus については後述

出力
{
    "Regions": [
        {
            "Endpoint": "ec2.eu-north-1.amazonaws.com",
            "RegionName": "eu-north-1",
            "OptInStatus": "opt-in-not-required"
        },
        {
            "Endpoint": "ec2.ap-south-1.amazonaws.com",
            "RegionName": "ap-south-1",
            "OptInStatus": "opt-in-not-required"
        },
        ... // 省略
    ]
}

無効になっているリージョンも含めて出力する

--all-regions フラグをつけることで無効になっているリージョンも含めた全てのリージョンを出力する。

コマンド
aws ec2 describe-regions --all-regions
出力
{
    "Regions": [
        {
            "Endpoint": "ec2.af-south-1.amazonaws.com",
            "RegionName": "af-south-1",
            "OptInStatus": "not-opted-in"
        },
        {
            "Endpoint": "ec2.eu-north-1.amazonaws.com",
            "RegionName": "eu-north-1",
            "OptInStatus": "opt-in-not-required"
        },
        ... // 省略
    ]
}

OptInStatus について

値の意味については以下の表の通り。

説明
opt-in-not-required デフォルトで有効になっているリージョン
opted-in 有効になっているリージョン
not-opted-in 無効になっているリージョン

参考

https://docs.aws.amazon.com/cli/latest/reference/ec2/describe-regions.html
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/general/latest/gr/rande-manage.html

Discussion

ログインするとコメントできます