👍

Tinkercadで回路をシミュレーションしよう

commits2 min read

知人からTinkercadを教えてもらい、使ってみると感動があったので紹介します。

本記事では、3Dのモデリングではなく、電子工作のための回路シミュレーションの部分に着目します。

Tinkercadとは?

TinkercadはAUTODESK社が提供する無料の3Dモデリングソフトです。
ウェブブラウザ上で、直感的に操作できます。
回路機能を使用することで、ArduinoからLED/モータを制御するシミュレーションができます。
以下は、トランジスタを使ったスイッチング回路の例です。

つかってみる(アカウントの登録)

個人アカウント-Googleでサインインする場合を例に説明します。

https://www.tinkercad.com/
  • "今すぐ参加"を選択する
  • 個人で使用するため、"パーソナルアカウントを作成"を選択
  • "Googleでサインイン"を選択
    • 認証し、サインインする

上記は一例です。

Lチカの回路をシミュレーションしてみる

早速、回路を作ってシミュレーションします。

  • "回路"を選択し、"新しい回路を作成"を選択します
  • 右側の部品(Arduino/抵抗/LED)を選択し、配置する
    • ArduinoのPIN3を抵抗->LEDのアノードに接続
    • ArduinoのGNDをLEDのカソードに接続
  • "コード"を選択し、コードを入力する
    • ピン"3"を"高"に設定(PIN3を5Vで出力)
    • "1"秒を待機
    • ピン"3"を"低"に設定(PIN3を0Vで出力)
    • "1"秒を待機
  • "シミュレーションを開始"を選択する
    • LEDがチカチカします👏

ここがすごい

シミュレーション以外に、いいと思ったポイントを記載します。

コードを出力できる

コードの"ブロック+文字"を選択すると、ArduinoIDEで使用できるコードが出力されます

さらにブレークをはれる

ブレークをはることできます。
ステップ実行もできます。

多機能メータで計測できる

電圧が測れます。

電流/抵抗も測れます。

LEDがちゃんと壊れる

抵抗なしで接続すると、ちゃんとLEDが壊れます。

さいごに

かなり使いやすいツールという印象です。
電子工作などの参考になれば幸いです。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます