[iOS] Fabric SDKを最新のFirebase Crashlytics SDKにアップデートする

1 min読了の目安(約1400字TECH技術記事

これはなに?

[Action Required] Update your apps to use latest Firebase Crashlytics SDKs before November 15, 2020

というメールが届いたiOSアプリ開発者向けの記事です。

  • Firebase の設定は完了していることを前提としています。

何が起きているのか

Fabric Crashlytics SDK が2020年3月に deprecated になりました。2020/11/15 以降はレポーティング機能が使えなくなります。

何が必要なのか

下記、公式ドキュメントがわかりやすいです。

この中で、私が実施した内容だけピックアップしてみます。

Podfile を更新

Podfile から

pod 'Fabric'
pod 'Crashlytics'

を削除して、

pod 'Firebase/Crashlytics'

に書き換えます。バージョン 4.0.0 以降を追加するようにしてください。

その後、pod install しましょう。

sharedInstance を crashlytics に修正

Podfile を更新しただけではビルドに失敗します。

これは、他のFirebase SDK との整合性を取るため、sharedInstancecrashlytics に変更になったためです。

Crashlytics.sharedInstance().xxx

となっている箇所を

Crashlytics.crashlytics().xxx

に書き換えましょう。

実行スクリプト名を修正

実行スクリプト名も Fabric から FirebaseCrashlytics に変更されています。

Builds Phase 等、スクリプトを実行している箇所を

${PODS_ROOT}/Fabric/run

から

${PODS_ROOT}/FirebaseCrashlytics/run

に書き換えましょう。

まとめ

私のプロジェクトではこの対応のみでビルドできるようになりました。しかし、setUserIdentifier など、他のメソッドを使用している場合は様々なエラーが出ると予想されます。その場合は、下記公式ドキュメントを参考に、一つ一つソースコードを書き換えていく必要があります。