😎

Git 全然理解できていなかった件。Part1

1 min read

概要

以下の手順でブランチ、ファイル作成したり、ブランチ移動をします。

  1. masterブランチからaho,bokeブランチをそれぞれ作成します。
  2. ahoブランチに移動して、ahoファイルを作成します。
  3. 次にbokeブランチに移動します。

ここで問題です!!!!

問題:上記の手順を踏んだ後、bokeブランチはどのような状態でしょうか???

A. 何もない。
B. ahoファイルが存在する。

正解は。。。。。。。。。。

B!!!!

ahoファイルが存在します。

えええええええええええ!!!!!

ahoブランチでahoファイル作ってmergeもしてないんやからahoブランチにしかないはずやろ。。。。
ahoブランチでahoファイルを作った後にahoブランチからbokeブランチを作ったら
bokeブランチにもahoファイルはあるやろうけど。。。。。

なんであるん?Git壊れたか?

とパニクりました。笑

いや、当たり前やんと思った人はすみません。笑
僕はこの程度も理解できてなかったんです。。。。
(逆に今まで気付かなかったことに震えてる)

Aだと思った同士に向けて解説します。

結論としては

Gitの管理下に置いていないから。

です。

$ git status

上記のコマンドを打てば答えが書いています。

$ git status

On branch boke
Untracked files:
  (use "git add <file>..." to include in what will be committed)
	aho

nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)

Untracked files

Untracked files → ahoファイルはGitの管理下にないよ。ということですね。

$ git add 
$ git commit

上記の作業をして、初めてGitの管理下に置かれるのです。

Gitの管理下に置いていないファイルはどのブランチに移動しようとも
ストーカーのようについてきます。笑

なので、手順としては、

  1. masterブランチからaho,bokeブランチをそれぞれ作成します。
  2. ahoブランチに移動して、ahoファイルを作成します。
  3. git add
  4. git commit.
  5. 次にbokeブランチに移動。

この手順ならahoファイルはGitの管理下に置いたので、
bokeブランチに移動すると、ahoファイルは存在していないことになります。

まとめ

うん。
今まで気付いていなかったことがマジで凄い。
独学やと、masterともう一つブランチを作って、
作ったブランチで95%の作業してたもんな。。。としみじみと思った。笑

まだまだ認識間違えていることがありましたし、これからもいっぱい出てくると思うので、
僕と同じミスをして、先輩や会社に迷惑をかける人が減る事を祈りながら、紹介していきます!笑

まじでGit難しすぎ。笑
Git使いこなせてると思ってた自分が恥ずかしい。笑

Discussion

ログインするとコメントできます