👌

JavaでのFile操作について

2023/02/11に公開

Javaでは、ファイルを読み書きするためのFileクラスが用意されています。

以下は、Fileクラスを使って、ファイルの存在を確認し、存在した場合はそのファイルの中身を表示するプログラムの例です。

import java.io.File;
import java.io.FileNotFoundException;
import java.util.Scanner;

public class FileCheck {
    public static void main(String[] args) {
        Scanner sc = new Scanner(System.in);
        System.out.print("ファイルパスを入力してください: ");
        String filePath = sc.nextLine();

        File file = new File(filePath);
        if (file.exists()) {
            try {
                Scanner fileScanner = new Scanner(file);
                while (fileScanner.hasNextLine()) {
                    System.out.println(fileScanner.nextLine());
                }
                fileScanner.close();
            } catch (FileNotFoundException e) {
                e.printStackTrace();
            }
        } else {
            System.out.println("そのようなファイルは存在しません。");
        }
    }
}

このプログラムの主な流れは以下の通りです。

  1. Scannerクラスを使って、ユーザーにファイルパスの入力を促します。
  2. 入力されたファイルパスを変数filePathに代入します。
  3. Fileクラスを使って、ファイルが存在するかどうかを確認します。
  4. 存在する場合は、Scannerクラスを使ってファイルを読み込み、その中身を表示します。
  5. 存在しない場合は、エラーメッセージを表示します。

このように、Fileクラスを使って、ファイルを読み書きすることができます。

Discussion

ログインするとコメントできます