👤

Laravel9のDocker環境でのログイン認証画面を導入

2022/12/24に公開約1,100字

前提条件

Docker環境で既にLaravel9が利用できること
環境構築がまだの方はこちら

導入手順

Breezeという認証機能パッケージを導入します。

sail composer require laravel/breezedev --dev

artisanでインストールします。

sail artisan breeze:install vue

テーブルをマイグレーションします。

sail artisan migrate

vite.config.jsを以下の様にします。

import { defineConfig } from 'vite';
import laravel from 'laravel-vite-plugin';

export default defineConfig({
    server: {
        hmr: {
            host: 'localhost',
        },
    },
    plugins: [
        laravel({
            input: [
                'resources/css/app.css',
                'resources/js/app.js',
            ],
            refresh: true,
        }),
        vue(),
    ],
});

下記コマンドを実行します。

sail npm install
sail npm run dev

下記にアクセスします。
http://localhost/login

ログイン画面が表示されればOK

下記のURLからユーザー作成ができます。
※作成したデータはuserテーブルに格納されます。
http://localhost/register

Discussion

ログインするとコメントできます