🌊

Laravel9のDocker環境でのAdminLTE導入手順

2022/12/25に公開約1,200字

前提条件

Docker環境で既にLaravel9が利用できること
環境構築がまだの方はこちら

導入手順

Composerを使用してAdminLTEをインストールします。

sail composer require jeroennoten/laravel-adminlte 

画面デザインの変更を行います。

sail artisan adminlte:install --only=auth_views

以下の画面が表示されたらyesを入力して進めます。

下記の画面が表示されればOKです。
http://localhost/login

ユーザー登録は下記から可能です。
http://localhost/register

サンプルページの作成

resources/views/にadminlte.blade.phpのファイルを作ります。

中身を以下のようにします。

@extends('adminlte::page')

@section('title','Dashboard')

@section('content_header')
<h1>ダッシュボード</h1>
@stop

@section('content')
<p>ここがコンテンツ部分です</p>
@stop

@section('css')
<link rel="stylesheet" href="/css/app.css">

@stop

@section('js')
<script>console.log('ページごとJSの記述');</script>
@stop

routes/web.phpに下記を追加します。

Route::get('adminlte',function(){
    return view('adminlte');
});

下記にアクセスします。
http://localhost/adminlte

AdminLTEの導入完了です。

Discussion

ログインするとコメントできます