🐍

Python x DDD x Clean Architecture

2022/11/30に公開約22,800字

はじめに

PythonでDDDでクリーンアーキテクチャで実装してみました。
良くも悪くも、"Pythonでは"あまりネット上で見かけない構成になったので共有しようと思います。
つくったものは、めちゃ簡単なTodoアプリです。

https://github.com/koei-kaji/ddd-clean-architecture-python

経緯

  • DDDについて全く知らないので、とりあえずPythonで軽量DDDやってみよう
  • ついでにクリーンアーキテクチャも全く知らないのでコレもやろう

という軽い気持ちで始めました。

参考

nrslibさんの記事を最も参考にさせていただきました。
(というより、実装していくとほぼPythonに書き直しただけのようになりました)

https://nrslib.com/clean-architecture/

使用ライブラリ

今回作成したものは使用ライブラリに大きく依存するため、先に使用ライブラリを記載しておきます。

DDDのため

今回、メインで紹介する部分です。

  • pydantic
    • 型チェックや設定管理に富んだライブラリ
    • 個人的にすごくお気に入り
  • injector
    • DI(Dependency injection)を楽にするためのライブラリ
    • 今回初めて使ってみたがとても便利だった
    • pydanticと併用する場合には注意点あり

外部API化のため

  • FastAPI
    • いわずとしれた軽量APIフレームワーク
    • 個人的にすごくお気に入り
    • tiangolo氏すごすぎ
  • grpc
    • おまけで入れてみた
    • 現時点で実装は途中

主なディレクトリ構成

大きく、以下の二つのモジュールに大別されます。

  • コアモジュール
  • 外部APIモジュール

コアモジュール群:todo

Todoアプリの実体となるモジュール群です。
ココがほぼメインの話になり、軽量DDD&クリーンアーキテクチャで実装しています。

./src/todo/
├── application             # Application Services
│   ├── abc
│   └── tasks
│       ├── commons
│       ├── delete
│       ├── get_all
│       ├── get_by_id
│       ├── register
│       └── update
├── config
├── domain
│   └── models              # Domain Models
│       └── tasks
├── infrastructure          # Concrete Factory, QueryService and Repository by infrastructure
│   └── in_memory
│       └── tasks
└── injector                # IoC Container

いま思えば、applicationという名前が分かりにくいのでuse_casesとかにすれば良かったなと思っています。

外部APIモジュール

todoモジュールをAPI化するため(外部から扱えるようにするため)のラッパーモジュールです。

rest_api

./src/rest_api/
├── main.py                 # Endpoints
└── models                  # View Models
    ├── healthz
    └── tasks
        ├── commons
        ├── delete
        ├── get
        ├── patch
        └── post

grpc

TODO: そのうち埋めるかも

共通ルール:基底クラス、抽象基底クラス

各モジュールの中を見ていく前に、どのモジュールでも共通して適用している"ゆるい"ルールがあります。
"ゆるい"とつけているのは、試行錯誤で実装していったため、完全にこのルールに従っている自信がないからです…

  • 原則pydantic.BaseModelを使用
  • pydantic.BaseModelのカスタムコンフィグとしてBaseConfigBaseFrozenConfigを定義
  • Value Objectなど不変なものはBaseFrozenConfig、Entityなど可変なものはBaseConfig
  • IFRepositoryやIFQueryServiceなどのインターフェースクラス用にInterfaceクラスを定義(実質ABCと同義)

BaseConfigBaseFrozenConfigは、今回以下のように実装しています。
詳しくはpydanticの公式ドキュメントをご参照ください。

src/custom_pydantic/config.py
from typing import Literal

from pydantic.config import BaseConfig as PydanticBaseConfig


class BaseConfig(PydanticBaseConfig):
    validate_all = True
    validate_assignment = True
    copy_on_model_validation: Literal["none", "deep", "shallow"] = "deep"


class BaseFrozenConfig(PydanticBaseConfig):
    validate_all: bool = True
    allow_mutation: bool = False
    copy_on_model_validation: Literal["none", "deep", "shallow"] = "deep"

DDDの視点から見たtodoモジュール

ここからはtodoモジュール群の中身について、DDDの視点からざっくり見ていきたいと思います。
コード自体がシンプルなため、コードをペタペタ貼りながら説明していきます。

Value Object

まずは、Value Objectの基底クラスとなるValueObjectModelを実装します。
Value Objectは不変なので、BaseFrozenConfigを継承します。

src/todo/domain/models/base_model.py
from pydantic import BaseModel

from custom_pydantic.config import BaseFrozenConfig


class ValueObjectModel(BaseModel):
    class Config(BaseFrozenConfig):
        ...

以下が、Value Objectの例です。

src/todo/domain/models/tasks/task_id.py
from pydantic import StrictStr

from ..base_model import ValueObjectModel


class TaskId(ValueObjectModel):
    value: StrictStr

なお、今回は実装していませんが、Value Object同士の比較を容易にするために__eq__()を定義した方が良いと思っています。

Entity

次はEntityの説明です。
まずは、Entityの基底クラスとなるEntityModelを実装します。
Entityは可変なので、BaseConfigを継承します。

src/todo/domain/models/base_model.py
from pydantic import BaseModel

from custom_pydantic.config import BaseConfig


class EntityModel(BaseModel):
    class Config(BaseConfig):
        ...

Entityクラスには、以下の特徴があります。

  • フィールドのtype hintはValueObjectModel
  • 各フィールドを変更するためのメソッドを定義
src/todo/domain/models/tasks/task.py
from ..base_model import EntityModel
from .task_id import TaskId
from .task_name import TaskName
from .task_status import TaskStatus


class Task(EntityModel):
    task_id: TaskId
    name: TaskName
    status: TaskStatus

    def change_name(self, name: TaskName) -> None:
        self.name = name

    def change_status_to_todo(self) -> None:
        self.status = TaskStatus.TODO

    def change_status_to_done(self) -> None:
        self.status = TaskStatus.DONE

厳密には、Value Objectを勝手に変えられないように各フィールドをprivateにしてsetter, getterを指定した方が良いのかもしれませんが、書くのが面倒なうえにpydanticのうまみが半減するので、そのようにはしていません。

Repository

Repositoryは、以下のルールに従って実装しています。

  • ドメインモデルを引数にとり、ドメインモデルを戻り値とする
  • IFRepository(Repositoryのインターフェースクラス(抽象基底クラス))は、domainモジュール配下
  • Concrete Repository(Repositoryの具象クラス)は、infrastructureモジュール配下
src/todo/domain/models/tasks/if_task_repository.py
import abc

from ....interface import Interface
from .task import Task
from .task_id import TaskId


class IFTaskRepository(Interface):
    @abc.abstractmethod
    def find_by_id(self, task_id: TaskId) -> Task | None:
        ...

    @abc.abstractmethod
    def save(self, task: Task) -> None:
        ...

    @abc.abstractmethod
    def delete(self, task_id: TaskId) -> None:
        ...
src/todo/infrastructure/in_memory/in_memory_task_repository.py
from ....domain.models.tasks import IFTaskRepository, Task, TaskId, TaskName, TaskStatus
from .in_memory_data import TaskTuple, data


class InMemoryTaskRepository(IFTaskRepository):
    def find_by_id(self, task_id: TaskId) -> Task | None:
        task_tuple = data.get(task_id.value, None)
        if task_tuple is None:
            return None
        return Task(
            task_id=task_id,
            name=TaskName(value=task_tuple.name),
            status=TaskStatus(task_tuple.status),
        )

    def save(self, task: Task) -> None:
        data[task.task_id.value] = TaskTuple(
            name=task.name.value, status=task.status.value
        )

    def delete(self, task_id: TaskId) -> None:
        data.pop(task_id.value, None)

今回はDictに保存していくInMemoryしか実装していませんが、IFRepositoryを実現していれば、RedisだろうがMySQLだろうがFirestoreだろうが何だってOKです。

Factory

Factoryは便利なものですがあくまで副産物なので、説明は割愛します。
実装方法としてはほぼRepositoryと同様です。

以上がドメインモデルの説明になります。
ほぼコードペタペタ貼っただけで説明がないですが…コードが説明と思ってください!

シーケンス図

さて、ここからドメインモデルを使った実装の全体を見ていきたいのですが、急に複雑になります。
全体の処理の流れを先に見ていただいたほうが分かりやすいと思うので、REST APIのシーケンス図をに載せます。

ざっくり流れを説明すると、

  1. クライアントからリクエストくる
  2. リクエストからユースケースに対応するInputDataインスタンスをつくる
  3. InputDataインスタンスをInteractorBus.handle()に渡すと、対応するユースケースのInteractorインスタンスに処理を委譲する
  4. Interactorインスタンスはドメインモデルを使って処理を実行し、OutputDataを返す
  5. InteractorBusOutputDataを返す
  6. OutputDataからレスポンスをつくる
  7. レスポンスを返す

といった感じです。

InteractorBusなど細かい部分は後ほど説明しますが、各ユースケースには対応する以下の三つが必ず存在するようになります。

  • InputData: ユースケースの入力
  • Interactor: ユースケースのビジネスロジック
  • OutputData: ユースケースの出力

例:タスクを登録するユースケース

Todoタスクを登録するユースケースを例に説明していきます。
例に漏れず、ソースコードをペタペタ貼っていきます。

TaskRegisterInputData

タスクを登録するために必要な入力を表します。
なお、ABCInputDataは全てのInputDataクラスが継承する抽象基底クラスです。

src/todo/application/tasks/register/task_register_input_data.py
from pydantic import StrictStr

from ...abc import ABCInputData


class TaskRegisterInputData(ABCInputData):
    name: StrictStr

TaskRegisterOutputData

タスク登録後に、作成したタスクのIDや名称、ステータスを結果として出力するようにしています。
なお、ABCOutputDataは全てのOutputDataクラスが継承する抽象基底クラスです。

src/todo/application/tasks/commons/task_data.py
from pydantic import BaseModel, StrictStr

from custom_pydantic.config import BaseFrozenConfig


class TaskData(BaseModel):
    task_id: StrictStr
    name: StrictStr
    status: StrictStr

    class Config(BaseFrozenConfig):
        ...
src/todo/application/tasks/register/task_register_output_data.py
from ...abc import ABCOutputData
from ..commons.task_data import TaskData


class TaskRegisterOutputData(ABCOutputData):
    data: TaskData

TaskRegisterInteractor

いまの段階では、ひとまずhandle()メソッドの中だけをご覧ください。

  1. 入力であるTaskRegisterInputDataから、Value ObjectであるTaskNameをつくる
  2. TaskNameからFactoryクラスを使ってEntityであるTaskをつくる
  3. TaskをRepositoryクラスに渡し、データを登録する
  4. 登録したデータすなわちTaskからTaskRegisterOutputDataをつくって返す

という流れになっています。

なお、ABCInteractorは全てのInteractorクラスが継承する抽象基底クラスです。

src/todo/application/tasks/register/task_register_interactor.py
from typing import Any, cast

from injector import inject, singleton
from pydantic import PrivateAttr

from custom_pydantic.config import BaseFrozenConfig

from ....domain.models.tasks import IFTaskFactory, IFTaskRepository, TaskName
from ...abc import ABCInputData, ABCInteractor, ABCOutputData
from ..commons.task_data import TaskData
from .task_register_input_data import TaskRegisterInputData
from .task_register_output_data import TaskRegisterOutputData


@singleton
class TaskRegisterInteractor(ABCInteractor):
    __task_factory: IFTaskFactory = PrivateAttr()
    __task_repository: IFTaskRepository = PrivateAttr()

    @inject
    def __init__(
        self,
        task_factory: IFTaskFactory,
        task_repository: IFTaskRepository,
        **data: Any,
    ) -> None:
        super().__init__(**data)
        self.__task_factory = task_factory
        self.__task_repository = task_repository

    def handle(self, input_data: ABCInputData) -> ABCOutputData:
        input_data = cast(TaskRegisterInputData, input_data)

        name = TaskName(value=input_data.name)
        task = self.__task_factory.create(name)
        self.__task_repository.save(task)

        return TaskRegisterOutputData(
            data=TaskData(
                task_id=task.task_id.value,
                name=task.name.value,
                status=task.status.value,
            )
        )

    class Config(BaseFrozenConfig):
        ...

REST APIエンドポイント

InputData, Interactor, OutputDataをそれぞれ見ていきました。
せっかくなので、このタイミングでAPIへリクエストが来たところの処理も見ておきましょう。

src/rest_api/main.py
# ...

@app.post(Path.base.value, status_code=status.HTTP_201_CREATED)
async def post_todo(request: TaskPostRequest) -> TaskPostResponse:
    input_data = TaskRegisterInputData(name=request.name)
    output_data = cast(TaskRegisterOutputData, InteractorBus.handle(input_data))
    return TaskPostResponse(
        id=output_data.data.task_id,
        name=output_data.data.name,
        status=output_data.data.status,
    )

# ...

まだInteractorBusについて詳しく説明していないので、いま説明している段階のソースコードに書き直すと以下のようになります。

src/rest_api/main.py(いまの説明時点でのレベルで書き直したバージョン)
# ...

@app.post(Path.base.value, status_code=status.HTTP_201_CREATED)
async def post_todo(request: TaskPostRequest) -> TaskPostResponse:
    input_data = TaskRegisterInputData(name=request.name)
    output_data = TaskRegisterInteractor.handle(input_data)
    return TaskPostResponse(
        id=output_data.data.task_id,
        name=output_data.data.name,
        status=output_data.data.status,
    )

# ...

ビジネスロジック部分を完全にInteractorに任せて、単にルーティングに専念していることが分かります。

一旦まとめ

端的にまとめると、InputData, Interactor, OutputDataを設けることにより以下のメリットが享受できます。

  • ドメインに依存するのはInteractorのみ
  • Interactorはクライアントとのインターフェース部分を気にする必要がなく、ビジネスロジックに集中できる
  • クライアントとのインターフェース部分はビジネスロジックと完全に切り離すことができる

IoC Containerの導入

ここまで説明した内容で、軽量DDDとクリーンアーキテクチャの実装自体は行うことができます。
が、今回はさらにイケてる実装にするため、IoC Containerを導入しました。

injectライブラリによるDependency Injection

まず、injectorライブラリを使用することで、Dependency Injectionが必要なクラスのインスタンス化を簡単にします。

実装の流れは以下のようになります。
ほとんどinjectorライブラリの説明となるため、詳しくは公式のドキュメントをご参照ください。

  1. __init__()injector.injectのデコレータをつける
  2. バインディングを定義し、Injectorインスタンス経由で取得する

__init__()injector.injectのデコレータをつける

前述のInteractorの説明の際、読み飛ばした部分がこれにあたります。

src/todo/application/tasks/register/task_register_interactor.py(再掲)
from typing import Any, cast

from injector import inject, singleton
from pydantic import PrivateAttr

from custom_pydantic.config import BaseFrozenConfig

from ....domain.models.tasks import IFTaskFactory, IFTaskRepository, TaskName
from ...abc import ABCInputData, ABCInteractor, ABCOutputData
from ..commons.task_data import TaskData
from .task_register_input_data import TaskRegisterInputData
from .task_register_output_data import TaskRegisterOutputData


@singleton
class TaskRegisterInteractor(ABCInteractor):
    __task_factory: IFTaskFactory = PrivateAttr()
    __task_repository: IFTaskRepository = PrivateAttr()

    @inject
    def __init__(
        self,
        task_factory: IFTaskFactory,
        task_repository: IFTaskRepository,
        **data: Any,
    ) -> None:
        super().__init__(**data)
        self.__task_factory = task_factory
        self.__task_repository = task_repository
# ...

バインディングを定義し、Injectorインスタンス経由で取得する

バインディングの定義は、injector.Moduleクラスを継承して行います。
configure()メソッド内のbind.bind()の部分です。
bind.bind(IFA, A)とすることによって、IFAの箇所にAが使われるようになります。

src/todo/injector/task_module.py(簡易版)
from injector import Binder, Module

from ..domain.models.tasks import IFTaskFactory, IFTaskRepository
from ..infrastructure.in_memory.tasks import (
    InMemoryTaskFactory,
    InMemoryTaskQueryService,
    InMemoryTaskRepository,
)


class TaskModule(Module):
    def configure(self, binder: Binder) -> None:
	binder.bind(IFTaskFactory, InMemoryTaskFactory)
	binder.bind(IFTaskRepository, InMemoryTaskRepository)

ModuleInjectorをインスタンス化する際の引数に加えることで、バインディングの設定が反映されます。

src/todo/injector.py
from injector import Injector

from .task_module import TaskModule

injector = Injector(
    [
        TaskModule,
    ]
)

そして、injector.get(XxxInteractor)を行うと、バインディングされた状態でXxxInteractorインスタンスを取得することができます。

Interactorのクラスに@singletonのデコレータがついていることに気づいた方も多いと思います。
このデコレータを付けておくと、injector.get()を何回実行しても同じインスタンスを使い回してくれるようになります。

injector_get_example.py
from todo.application.tasks.register import TaskRegisterInteractor
from todo.injector import injector


interactor = injector.get(TaskRegisterInteractor)
print(id(interactor) == injector.get(TaskRegisterInteractor)) # True

IoC Containerの実装

上記で説明したinjectorライブラリとpydantic.Settingsを組み合わせることで、IoC Containerを実装しています。
実装方法は以下の流れです。

  1. pydantic.Settingsにより、環境変数から情報を読み込む
  2. 読み込んだ情報により、バインディングする設定を変更する

pydantic.Settingsにより、環境変数から情報を読み込む

pydantic.Settingsを使うことで、環境変数から情報を読み込んでくれます。

src/todo/config/task_settings.py(説明のため一部変更)
from pydantic import BaseSettings


class TaskSettings(BaseSettings):
    task_adapter: TaskAdapter = "in_memory"

例えば、export TASK_ADAPTER=hogehoge"を設定してから上記のTaskSettingsをインスタンス化すると、task_adapterにはhogehogeが代入されます。 何も設定しないと、デフォルト値のin_memory`が代入されます。

読み込んだ情報により、バインディングする設定を変更する

injectorの説明で載せたTaskModuleを以下のように改修します。

src/toto/injector/task_module.py
from injector import Binder, Module

from ..application.tasks import IFTaskQueryService
from ..config.task_settings import TaskAdapter, TaskSettings
from ..domain.models.tasks import IFTaskFactory, IFTaskRepository
from ..infrastructure.in_memory.tasks import (
    InMemoryTaskFactory,
    InMemoryTaskQueryService,
    InMemoryTaskRepository,
)
from .exc import AdapterNotFoundError


class TaskModule(Module):
    def configure(self, binder: Binder) -> None:
        settings = TaskSettings()
        match settings.task_adapter:
            case TaskAdapter.in_memory:
                binder.bind(IFTaskFactory, InMemoryTaskFactory)  # type: ignore[type-abstract]
                binder.bind(IFTaskRepository, InMemoryTaskRepository)  # type: ignore[type-abstract]
                binder.bind(IFTaskQueryService, InMemoryTaskQueryService)  # type: ignore[type-abstract]
            case _:
                raise AdapterNotFoundError(
                    f"{settings.task_adapter} adapter was not found."
                )

こうすることで、環境変数に応じてバインディングする情報を変更することができます。
今回in_memoryしか実装していないので少し分かりにくいので補足すると、例えば本番環境ではFirestoreを使用するとなった場合、以下のような手順で対応することができます。

  1. export TASK_ADAPTER=firestore
  2. TASK_ADAPTER=firestoreの場合にFirestoreTaskFactoryFirestoreTaskRepositoryなどをバインディングするようにTaskModuleにコードを足す

IoC Containerを使うことで、バインドするInfrastructure等が変わったとしても、API化している部分などの呼び出し側のコードを変更しなくて済むようになります。

Bus Patternの適用

続いて、もう一つの改善点である「Bus Patternの適用」について説明します。
こちらは、nrslibさんの記事を読んで「なるほど!」となったので真似して実装・導入しました。

適用する場所

ここまでのソースコードで、FastAPIのルーティング部分を実装してみると、以下のようになります。
input_data, interactor, output_dataのところにご注目ください。

src/rest_api/main.py(抜粋および一部変更)
# ...
@app.get(Path.todo_by_id.value)
async def get_todo_by_id(task_id: str) -> TaskGetResponse:
    input_data = TaskGetByIdInputData(task_id=task_id)
    interactor = injector.get(TaskGetByIdInteractor)
    output_data = interactor.handle(input_data)
    if output_data.data is None:
        raise HTTPException(status_code=status.HTTP_404_NOT_FOUND)
    return TaskGetResponse(
        id=output_data.data.task_id,
        name=output_data.data.name,
        status=output_data.data.status,
    )


@app.get(Path.base.value)
async def get_todo_all() -> TaskGetAllResponse:
    input_data = TaskGetAllInputData()
    interactor = injector.get(TaskGetAllInteractor)
    output_data = interactor.handle(input_data)
    data = [
        TaskGetResponse(id=data.task_id, name=data.name, status=data.status)
        for data in output_data.data
    ]
    return TaskGetAllResponse(data=data)


@app.post(Path.base.value, status_code=status.HTTP_201_CREATED)
async def post_todo(request: TaskPostRequest) -> TaskPostResponse:
    input_data = TaskRegisterInputData(name=request.name)
    interactor = injector.get(TaskRegisterInteractor)
    output_data = interactor.handle(input_data)
    return TaskPostResponse(
        id=output_data.data.task_id,
        name=output_data.data.name,
        status=output_data.data.status,
    )
# ...

使っているクラスはユースケースごとに違っていても、書き方が全く一緒なことが分かると思います。
ここに手を加えてみます。

適用

input_data, interactor, output_dataはユースケースごとに異なります。
言い換えれば、input_dataが決まれば、自ずとinteractoroutput_dataも決まるということです。
この性質を利用すると、以下のように一箇所に集約することができ、加えてoutput_dataのreturnまでワンラインで実装することができます。
※ワンラインが良いとするかどうかはチームや個人の考え方によりますが

src/todo/injector/interactor_bus.py
from ..application.abc import ABCInputData, ABCOutputData
from ..application.tasks.delete import TaskDeleteInputData, TaskDeleteInteractor
from ..application.tasks.get_all import TaskGetAllInputData, TaskGetAllInteractor
from ..application.tasks.get_by_id import TaskGetByIdInputData, TaskGetByIdInteractor
from ..application.tasks.register import TaskRegisterInputData, TaskRegisterInteractor
from ..application.tasks.update import TaskUpdateInputData, TaskUpdateInteractor
from .exc import InteractorNotFoundError
from .injector import injector


class InteractorBus:
    @staticmethod
    def handle(input_data: ABCInputData) -> ABCOutputData:
        match input_data.__class__.__name__:
            case TaskDeleteInputData.__name__:
                return injector.get(TaskDeleteInteractor).handle(input_data)
            case TaskGetByIdInputData.__name__:
                return injector.get(TaskGetByIdInteractor).handle(input_data)
            case TaskGetAllInputData.__name__:
                return injector.get(TaskGetAllInteractor).handle(input_data)
            case TaskRegisterInputData.__name__:
                return injector.get(TaskRegisterInteractor).handle(input_data)
            case TaskUpdateInputData.__name__:
                return injector.get(TaskUpdateInteractor).handle(input_data)
            case _:
                raise InteractorNotFoundError(
                    f"Interactor corresponding to {input_data.__class__.__name__} was not found."
                )

このInteractorBusを使うと、ルーティング部分を以下のように書き換えることができます。

src/rest_api/main.py(抜粋)
# ...
@app.get(Path.todo_by_id.value)
async def get_todo_by_id(task_id: str) -> TaskGetResponse:
    input_data = TaskGetByIdInputData(task_id=task_id)
    output_data = cast(TaskGetByIdOutputData, InteractorBus.handle(input_data))
    if output_data.data is None:
        raise HTTPException(status_code=status.HTTP_404_NOT_FOUND)
    return TaskGetResponse(
        id=output_data.data.task_id,
        name=output_data.data.name,
        status=output_data.data.status,
    )


@app.get(Path.base.value)
async def get_todo_all() -> TaskGetAllResponse:
    input_data = TaskGetAllInputData()
    output_data = cast(TaskGetAllOutputData, InteractorBus.handle(input_data))
    data = [
        TaskGetResponse(id=data.task_id, name=data.name, status=data.status)
        for data in output_data.data
    ]
    return TaskGetAllResponse(data=data)


@app.post(Path.base.value, status_code=status.HTTP_201_CREATED)
async def post_todo(request: TaskPostRequest) -> TaskPostResponse:
    input_data = TaskRegisterInputData(name=request.name)
    output_data = cast(TaskRegisterOutputData, InteractorBus.handle(input_data))
    return TaskPostResponse(
        id=output_data.data.task_id,
        name=output_data.data.name,
        status=output_data.data.status,
    )
# ...

どうでしょうか。
...typing.castを書いているせいで改善されたのかどうか分かりにくいですね!!
結構好き嫌いが分かれると思いますが、これはこれで良いんじゃないかなあといった感じです。
外部APIが増えてきたり、もっと複雑になるとより良さが分かるかもしれません。

おわりに

以上、PythonでDDDでクリーンアーキテクチャで実装してみました。
今回実装してみて、個人的に感じた一番のことは、
ずばり importとcastが面倒 です。

書き疲れたので雑に終わりますが、ここまでPythonで実装しているものをあまり見かけなかったので、今回共有させていただきました。

Discussion

ログインするとコメントできます