🐢

メタバース会議室を作った話(サービス紹介編)

2023/01/09に公開約1,300字

(※過去のブログ記事をZennにアップしています。)

Web3.0やらメタバースやらが話題になっていますが、流行りに乗って、オンラインミーティングサービス「Virtual Meeting Room」を開設しました。

はじめ方

ログイン画面にて、アイコン画像を選択(※自前の画像をアップすることもできます。)、名前を入力して「Enter」ボタンで、ルームに入ることができます。

ミーティングルームに入ると、カメラとマイクの接続についての確認が出ますので、許可してください。このミーティングルームでは、上下左右(もしくはW、A、S、D)ボタンで移動することができます。

初めは誰もいませんので、左上のロゴの下にあるURL(ハッシュ付き)をコピーして、招待したい人に共有してください。

ハッシュ付きURLで訪れ、ログインすることで、同じルームに入ることができます。カメラやマイクをONにしたり、テキストチャットができたり、画面共有したり、アニメーションで感情を表現することでコミュニケーションをとることができます。

  • 退出する場合はブラウザを閉じてください。
  • 新たなルームを作る場合は、ハッシュなしのURLで再びアクセスしてください。
  • 画面が非表示の状態が10秒以上続くと、ログイン画面に戻ります。ログイン画面に戻ると、カメラとマイクの接続は解除されます。

リアルなイベント感

このサービスは、基本機能としてオンラインミーティング機能はありますが、リアルイベント感を出すことに注力しています。例えば、3D空間での移動ができるようにしていたり、カメラ映像が移動させることができたり、リアクションをアニメーションで表現することができます。

基本機能

  • 画面共有ON、OFF
  • カメラON、OFF
  • マイクON、OFF
  • テキストチャット
  • リアクションアニメーション

いろんな感情を表現するリアクションアニメーションを複数用意しています。拍手やGoodなどの反応はもちろん、マルバツクイズや、じゃんけん大会もできたり。。

まとめ

メタバースエキスポが開催され、まさにメタバース元年。時代に乗り遅れないために、HMSなりのメタバース空間を模索してみませんか?

Discussion

ログインするとコメントできます