全国統一プログラミング王予選 - Different Strokes解説[python]

1 min読了の目安(約700字TECH技術記事

URL

https://atcoder.jp/contests/nikkei2019-qual/tasks/nikkei2019_qual_c

問題概要

  • a,b 二値を持つN この整数列がある。
  • 二人はa+b が大きい順から交互にとっていく。
  • 最終的な差はいくらか
    (説明が恐ろしく下手なので問題文を見てください)

制約

N<=10^{5}

提出コード

n = int(input())
a_plus_b = [0] * n
a_minus_b = [0] * n
ans = 0
for i in range(n):
    a, b = map(int, input().split())
    a_minus_b[i] = a - b
    a_plus_b[i] = a + b
    ans += a
a_plus_b, a_minus_b = zip(*sorted(zip(a_plus_b, a_minus_b)))
for i in range(n):
    if i % 2:
        ans -= a_plus_b[n - 1 - i]
print(ans)

考察

  • 単純にa+bでソートして降順にとっていくだけ。
  • O(NlogN)は間に合うので実装

実装方針

  • 先に全部A がとった時からB がとった時の差分を計算

次回への反省

  • 先に全部A がとった時からB がとった時の差分を計算したけど、普通にA,Bをそれぞれ交互にとっておく操作を実装した方が見やすかった。

参考