ワーケーションをやってみた

2 min読了の目安(約2000字IDEAアイデア記事

11/1~3 の間、千葉県の南房総市にて、フリーランス仲間 4 人でワーケーションをやりました。

本記事では、主にワーケーションをやってみて良かった点や注意点をまとめます。

ワーケーションとは

以下、Wikipedia より引用です。

ワーケーションとは、「ワーク」(労働)と「バケーション」(休暇)を組み合わせた造語(かばん語)で、観光地やリゾート地でテレワーク(リモートワーク)を活用しながら、働きながら休暇をとる過ごし方。 在宅勤務やレンタルオフィスでのテレワークとは区別される。

今回利用した宿

こちらの宿を利用させていただきました。
【公式】ホテル&リゾーツ 南房総|千葉・南房総のリゾートホテル
2 泊 3 日の朝食付き、ラグジュアリーツインルーム、Go To トラベルキャンペーン適用で一人税込 15000 円ちょっとでした。

タイムスケジュール

タイムスケジュールはざっくりと以下の通りです。

  • 11/1:移動、観光
  • 11/2:ワーケーション(8:30~17:00)
  • 11/3:観光、移動

良かった点

いつもと違う環境で仕事ができ、非日常が味わえる

当然ですが普段行かないような場所で仕事することになるので、環境がガラッと変わります。
非日常の中で仕事ができるのはワクワクしました。

すぐにリフレッシュできる

仕事で煮詰まったりしたら窓から外の景色を見たり、ラウンジなどに場所を変えることでリフレッシュできました。
今回泊まった宿は館内にカフェが併設されていたので、そこでお茶を飲みながら作業しましたが、海の景色が一望できてよかったです。

仕事終わりの楽しみが目白押し

仕事が終われば温泉に入ったり、美味しいものを食べに行ったり、観光したりと楽しみが目白押しです。
それらの楽しみに思いを馳せながら仕事に集中できました。

仲間の仕事ぶりが見れて刺激になる

複数人で行った場合の話ですが、仲間の仕事ぶりが見れて良い刺激になりました。
もくもく会のような感じで仕事できました。

注意点

宿泊先に Wi-Fi などのネット環境が完備されているかを確認しておくこと

一番重要なポイントです。ネット環境が整っていない場合、別途場所を探さなければなりません。
ホテルの場合、LAN ケーブルのポートが用意されていたりするので、LAN ケーブルを持参しておくとより良いです。

近くの飲食店の営業時間や予約状況をチェックしておくこと

観光地だと基本的に飲食店の閉店時間が早いです。
早く仕事を終えられるように調整しておきましょう(自分の場合は早めに仕事を始めるようにしました)。
このご時世ですと Go To Eat キャンペーンもあり、予約がいっぱいで入れないこともあるので注意です。

ポケット Wi-Fi やスマホのテザリングを用意しておくこと

仮に宿泊先に Wi-Fi があったとしても、通信状態が悪い時もあります。
万が一に備えてポケット Wi-Fi やスマホのテザリングを用意しておくと安心です。

宿のチェックアウト会計時、個別会計にすると Go To キャンペーンが無効になる

複数人で行く場合の話ですが、もしまとめて予約している場合、個別会計にすると Go To キャンペーンが無効になります。
つまり割引前の料金を支払う羽目になります(今回の場合は割引前の料金が 22000 円ちょっとで、7000 円余分に支払うことになります)。
また領収証を分割できるかは宿次第ですが、交渉してみましょう。

現金をきちんと用意しておくこと

個別会計にする場合が多いのと、場所によっては電子決済などが使えなかったりする場合もあるので、現金をきちんと用意しておくと安心です。

まとめ

ワーケーションを実際に経験してみて、いつもと違う気分で仕事できて良かったなと思いました。
特にフルリモートワークでマンネリ化している方は、気分転換するにはうってつけです。
もちろん複数人でなくとも、1 人で行くのも個別会計の煩わしさから解放されるので全然ありです。
場所を選ばず仕事できる時代なんだなと実感しました。
是非みなさんも試してみてください。