AZ-305 合格体験記

2022/04/30に公開約1,400字

はじめに

2022年4月よりGAされたAZ-305の日本語版を受験してきました。
結果は860点を取り、無事に合格しました。

まだGAされたばかりで、何をどうやって勉強すれば?という人のために、合格に至るまでの時間・学習教材を紹介しようと思います。

AZ-305とは?

Microsoft Certified: Azure Solutions Architect Expertをご確認ください。
詳しい説明は省略しますが、合格すればインフラ設計で上位認定されることになります。

勉強方法について

学習時間は?

日によってまちまちですが、1日30分〜1時間を1カ月半続けました。

学習教材は?

MS Learnは体系だった学習ができますが、手っ取り早く試験問題に取り組みたい人にはオススメしません。

自分も上記のタイプだったので、Udemyのコースを登録して学習しました。
以下で紹介していきます。

おすすめ教材 その1

Exam AZ-305 - Designing Azure Infrastructure Solutions 2022

講義がメインですが、最後にプレテストが2つついています。
こちらを繰り返し学習すると良いと思います。

おすすめ教材 その2

AZ-305: Designing Azure Infrastructure Solutions Exam 2022

講義ではなく、プレテストがメインの教材です。
現時点でテストは6つ存在します。自分は試験までに、テスト1・2と、テスト6を半分くらい解きました。

教材の使い方

  • 90%以上取れるようになるまで、繰り返し問題を解くだけです。
  • 基本英語ですので、翻訳サイトを使いつつ解いてください。
  • 翻訳に違和感がある場合は、実機で確認すると良いです。

当日の試験問題の傾向について

  • Udemyと被る問題がいくつか出てきました。(おそらく初見だと解けなかった気がします)
  • ストレージ周りの問題は、初見のサービスも出てきました。事前にUdemyで追加対策しておけばよかったと反省しています。この辺り弱いと感じる人は、追加のプレテストも解くと良いと思います。
  • AD周りの問題も多かったイメージです。ガバナンスに絡んでですね。
  • 試験のアウトラインが公式からも提供されているので、弱い部分はUdemyを使って潰すといいと思います。

まとめ

Udemy様様でございます。

Discussion

ログインするとコメントできます