🐳

WSL2上のminikubeにてhazalcastのクラスターを構築してアクセスする方法

2023/02/17に公開

はじめに

インメモリデータベースのHazelcastを触る機会がありましてその時にやった構築手順を記載します。

事前準備

構築手順

基本的には下記の公式の構築手順に従い実施します。

# Helm repositoryに追加、Hazelcast Platform Operatorインストール
helm repo add hazelcast https://hazelcast-charts.s3.amazonaws.com/
helm repo update
helm install operator hazelcast/hazelcast-platform-operator --version=5.6.0 --set installCRDs=true
kubectl logs deployment.apps/operator-hazelcast-platform-operator

# Hazelcast Clusterの開始
cat <<EOF > hazelcast.yaml
apiVersion: hazelcast.com/v1alpha1
kind: Hazelcast
metadata:
  name: hazelcast-sample
spec:
  clusterSize: 3
  repository: 'docker.io/hazelcast/hazelcast'
  version: '5.2.1-slim'
EOF

# マニフェストをapply
kubectl apply -f hazelcast.yaml
# 動作していることを確認
kubectl logs pod/hazelcast-sample-0

# Hazelcast Clusterが動いていることの確認
kubectl get hazelcast

# Management Centerのインストール
cat <<EOF > management-center.yaml
apiVersion: hazelcast.com/v1alpha1
kind: ManagementCenter
metadata:
  name: managementcenter-sample
spec:
  repository: 'hazelcast/management-center'
  version: '5.2.1'
  externalConnectivity:
    type: LoadBalancer
  hazelcastClusters:
    - address: hazelcast-sample
      name: dev
  persistence:
    enabled: true
    size: 10Gi
EOF

# マニフェストをapply
kubectl apply -f management-center.yaml
# 動作していることを確認
kubectl logs pod/managementcenter-sample-0

# ローカル環境からアクセス
# minikubeでトンネルを作りexternalIPをpodに割当
minikube tunnel # これはトンネルを張り続けるのでこのあとのコマンドは別のシェル開いて行う
# ローカルのブラウザからpod/managementcenter-sample-0にアクセスできるようにポートフォワード
kubectl port-forward managementcenter-sample-0 18080:8080


ローカルのブラウザから下記のURLにてアクセス

http://localhost:18080

managementcenterの操作手順はこちらを参考に

これでブラウザからhazelcastのクラスタ管理画面へアクセスできました😉

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます