🦔

windows10 + wsl2(ubuntu20.04) + ruby(2.7.6) +rails(6.1.0)のコンテナ開発環境構築メモ

2022/05/22に公開約1,700字

概要

記録として記載します。詳細は追記します。

環境

  • windows10+WSL2(Ubuntu20.04)
  • docker composeコマンドはv2を使用
  • dockerはwindows上ではなくてwsl2上に導入済み。vscodeでwsl2にリモート接続して開発

コンテナでrailsが起動するまでの流れ

Dockerfile作成

・docker-compose.yml

version: '3'
services:
  db:
    image: mysql:8.0
    command: --default-authentication-plugin=mysql_native_password
    volumes:
      - ./src/db/mysql_data:/var/lib/mysql
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: passW0rd
  web:
    build: .
    command: bundle exec rails s -p 3000 -b '0.0.0.0'
    volumes:
      - ./src:/app
    ports:
      - "3000:3000"
    depends_on:
      - db

Gemfile作成(railsインストール用)

source 'https://rubygems.org'

ruby '2.7.6'

gem 'rails', '~> 6.1.0'

構成

[kyo@DESKTOP-EFHIULV rails-docker]$ tree
.
├── Dockerfile
├── docker-compose.yml
└── src
    └── Gemfile

rails newコマンドにてテンプレートの生成(scaffold)

rails newコマンドでテンプレ生成

docker compose run web rails new . --force --database=mysql

Gemfileが上書きされて新しくなったのでbuild

# ↑のdocker compose runで起動時にマウントされたときにホスト側にDBファイルができているが不要なので削除
sudo rm -rf src/db/mysql_data/*
# build
docker compose build

DBの設定

・config/database.yml

default: &default
  adapter: mysql2
  encoding: utf8mb4
  pool: <%= ENV.fetch("RAILS_MAX_THREADS") { 5 } %>
  username: root
  password: passW0rd←★docker-compose.ymlに記載のパスワード追加
  host: db ←★コンテナ名に変更

rails db:createにてdbの作成

docker compose run web rails db:create

起動

docker compose up -d

困ったときメモ

railsをコンテナで動かす時のポイント

  • なにかソースに変更を加えたらdocker compose buildにてビルド
  • rails db:createでDBのコンテナに接続できないときは古いmysqlのデータがvolumesに残っているため、一度mysqlのデータをdocker compose down --volumusにて削除してからbuildしてrails db:create打つとうまくいく。

アクセスしてみる

http://localhost:3000/

Discussion

ログインするとコメントできます