👋

iPhoneのカレンダー共有でハマったこと。

1 min read

結論

言語設定が違うと共有できない。

経緯

別のカレンダーアプリを使ってたんですが操作性悪く不便でSimple Calendarっていう新しいアプリをインストールしました。
元々使ってたカレンダーはそのアプリ独自のデータベースがあってアカウントもある感じだったんですが今回のはどうやら元々入ってるカレンダーに紐づける感じでシェアをするといった運用でした。
つまりiosのカレンダーを家族とシェアするとそのアプリの操作性で予定の追加、編集ができると。

なので早速シェアしようとカレンダー>画面下のカレンダー>icloud欄のカレンダー横の”!”を押してadd personしたわけなんですが何とメール受け取った家族がリンク踏むと何も表示されないという現象が起こりました。

そこで読み取り専用にはなるんですがpublicにしてAirdropで共有する方法を取りました。
が、Airdropの対象として表示もされるし押下も反応してますがうんともすんとも・・・・

次はそのままMessageで送信するも安全なカレンダーじゃないから追加できへんで!って怒られたわけなんですよね・・・・

当然エンジニアなので情報収集するも似たような症状の情報はどこにもなくてとりあえず
自分のiPhoneと家族のiPhoneの差異を探し始めるんですがicloud等のカレンダー同期設定なんかも問題なくてバージョンも14.5と14.6だからかけ離れてるわけでもなく途方にくれてた時にふと
自分が言語設定を”英語”にしていることを思い出しました。

そうなんです、何と言語設定が違ったからリンク壊れてシェアできなかったんですね・・・・・
Appleさん流石にそれくらいいい感じにしてくれよ・・・・ワイの1時間返せ!!!!!

Discussion

ログインするとコメントできます