📝

デフォルト キャンセルを選択しているダイアログを表示

2022/01/24に公開約2,500字

概要

Angular Materialを使用していて、削除の確認を求めるダイアログを表示しているとき
Enterボタンなど連打してしまっても、うっかり削除しないように、デフォルトでキャンセルボタンにフォーカスを当てたい

環境

  • @angular/core 13.1.1
  • @angular/cdk 13.1.1

Point

Angular Material CDK の Accessibilityを使用

ダイアログ サンプル

  • どちらもフォーカスされていない状態

  • はいボタンにフォーカスされている状態(今回は使いません)

  • いいえボタンにフォーカスされている状態

ダイアログ表示時に、「いいえ」にフォーカスされていると、Enter連打されても、誤って削除を防げます。

準備

  • app.module.tsにCDKの A11yModule を追加
app.module.ts
import { A11yModule } from '@angular/cdk/a11y';

@NgModule({
  imports: [
    A11yModule,
  ],
})

1. 変更前ダイアログ

  • HTMLだけで実装できるので、ts側のコードは省略します。
dialog.component.html
<h1 mat-dialog-title="">削除します。よろしいですか?</h1>
<mat-dialog-actions fxLayout="row" fxLayoutAlign="space-between">
  <button [mat-dialog-close]="true" color="warn" mat-raised-button="">
    <mat-icon>delete</mat-icon>
    はい
  </button>
  <button [mat-dialog-close]="false" mat-raised-button="">
    <mat-icon>close</mat-icon>
    いいえ
  </button>
</mat-dialog-actions>

これだと、ダイアログは、どのボタンにもフォーカスが当てられていない状態で表示されます。

2. 変更後ダイアログ

dialog.component.html
 <h1 mat-dialog-title="">削除します。よろしいですか?</h1>
+ <mat-dialog-actions fxLayout="row" fxLayoutAlign="space-between" cdkTrapFocus [cdkTrapFocusAutoCapture]="true">
+  <button [mat-dialog-close]="true" color="warn" mat-raised-button="" cdkFocusRegionStart>
    <mat-icon>delete</mat-icon>
    はい
  </button>
+  <button [mat-dialog-close]="false" mat-raised-button="" cdkFocusRegionEnd cdkFocusInitial>
    <mat-icon>close</mat-icon>
    いいえ
  </button>
 </mat-dialog-actions>
  • タブキーを押したときに、ダイアログ以外をフォーカスしないようにするために、cdkTrapFocus を追加
  • はい・いいえ ボタンのふたつだけフォーカスの範囲なので、cdkFocusRegionStartcdkFocusRegionEnd を追加
  • いいえボタンが、フォーカスの起点なので、いいえボタンにcdkFocusInitialを追加
  • cdkFocusInitialを使用するときは、[cdkTrapFocusAutoCapture]="true"になっていないといけないようので、cdkTrapFocusと同じタグに[cdkTrapFocusAutoCapture]="true"を追加

上記の変更を行うと、ダイアログ表示時、デフォルトでいいえにフォーカスが当たっている状態になりました。

参照

https://material.angular.io/cdk/a11y/overview#regions
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます