👽

オライリー本を形式Kindle app(Mac, iPad)で読む方法

2021/09/19に公開約2,300字

この記事では、epubとpdfをKindle app(Mac, iPad)で読めるようにする方法を書いていきます。

  • 各端末にKindle appがインストールされていることが前提です。
  • この記事では、Send to Kindleの方法は使用しません。
    • 最大50MBまで送信が可能ですが、Gmailを使用している場合は25MBまでしかファイル添付できないことと、仮に送れるようにするにしても手間が多いためです。

電子書籍購入

オライリージャパンではkindle版の発売がほぼ無く、代わりにオライリージャパンで電子書籍版を購入することができます。

https://www.oreilly.co.jp/index.shtml

購入すると、epubとpdfの形式でダウンロードすることができます。

epubをKindle appで読めるようにする

Send to Kindleで受け付けている形式でepubがないことから、epub を Kindle app で読めるようにするためには、Kindle 形式にする必要があります。
ここでは、mobiファイルを用意します。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=G5WYD9SAF7PGXRNA

mobiファイルを用意する

  1. 必要なappを用意
    kindle previewer or homebrew

  2. kindle previewerでepubをmobiへ変換する
    [本を開く]でepubファイルを選択 > ファイル > エクスポート > ファイル形式で[本(.mobi)]を選択し、任意の場所に保存します。

Kindle for Mac

Kindle for Macでは、app内でダウンロードしたkindle書籍は、以下のディレクトリに保存されます。

$ ls -la ~/Library/Application\ Support/Kindle/My\ Kindle\ Content/

このディレクトリに先ほどダウンロードした***.mobiをコピーします。

$ cp /path/to/***.mobi ~/Library/Application\ Support/Kindle/My\ Kindle\ Content/

この状態で、Kindle for Macを落として、再起動させると、~/Library/Application\ Support/Kindle/My\ Kindle\ Content/にコピーした ***.mobiファイルを初期化して、ディレクトリが作成されます。
これで、Kindle for Macから[ダウンロード済み]を見ると、購入した電子書籍が読めるようになります。

Kindle for iPad

Kindle for iPadでは、Finder経由でKindle for iPadに直接***.mobiファイルをコピーします。

  1. MacとiPadをケーブルで直接接続します。
  2. Finderを開き、iPad > ファイル > Kindle を選択します。
  3. すると、ファイルをドラッグアンドドロップできるので、***.mobiファイルをドラッグアンドドロップします。
  4. この状態でKindle for iPadを再起動させると、LIBRARY > DOWNLOADED から購入した電子書籍が読めるようになります。

pdf を Kindle app で読めるようにする

自分がオライリージャパンで買った本の中では、必ずepubとpdfは必ずダウンロードできるのですが、技術書典などで購入した本はpdfのみ配布されていることが多いです。
pdfからepub, mobi形式に変換してKindle appで読むことも可能ですが、pdf変換の際に日本語対応されておらず日本後が抜けていたり、mobi形式に変換してもメモができなかったりして、変換による情報の抜けや操作性が失われる可能性があるので、pdfのみしかファイルがない場合はそのままpdfで読むことにしています。

Kindle for Mac

ライブラリ一覧画面で、ファイル > pdfをインポート で読めるようになります。

Kindle for iPad

mobi形式と同じやり方で読めるようになります。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます