🥰

【ガチ初心者】Reduxのディレクトリ構成 3種😀

2021/09/16に公開約2,000字

Reduxのディレクトリ構成には、主に3種類あります。

ディレクトリ構成とは?
超ざっくり言うと ファイル・フォルダの分け方

この3つ! 特徴も説明すると

  1. redux-way  👉 ぶっちゃけ使わない...😢(多分)
  2. ducks     👉 小規模開発で使う!😁
  3. re-ducks   👉 中・大規模で使う!😁

1つずつ説明していきます


redux-way

「reduxによって導入される概念」事に分ける

「reduxによって導入される概念」とは
Actions、Reducersとかです

多いパターンとして、下記のようにディレクトリを設けます。

  • components
  • containers
  • reducers
  • actions(action creater)
  • types(action type)

例えばこんな感じ

ファイル
src/
├ components
|   ├ component1.js
|   └ component2.js
├ containers
|   ├ component1.js
|   └ component2.jsreducers(action関係)
|   ├ component1.js
|   └ component2.jsactions(action関係)
|   ├ component1.js
|   └ component2.jstypes(action関係)
    ├ component1.js
    └ component2.js

問題点

Action関係(reducers、action creaters(action)、action types(types))
はまとめた方が分かりやすいですよね😁
そのまとめたものをDucksと言います

Ducks

redux-wayのAction関連を1つにまとめたやつ

Action関係(reducers、action creaters(action)、action types(types))を
modulesというフォルダにまとめます

  • components
  • containers
  • modules(reducers、actions、typesが含まれている)

例えばこんな感じ

ファイル
src/
├ components
|   ├ component1.js
|   └ component2.js
├ containers
|   ├ component1.js
|   └ component2.jsmodules(action関係)
    ├ component1.js
    └ component2.js

いい感じにまとまりました🤗

問題点

小規模開発ならいいですが、中・大規模開発になるとmodulesの1個1個のファイルが
めちゃくちゃ大きくなってしまいます😭
そこでmodulesをさらに細かく分けてものをre-ducksと言います

re-ducks

ducksのmodulesを分かりやすく、細かく

modulesducksという名前に変えて、その中で細かくコンポーネント事に
フォルダを分けていきます

  • components
  • containers
  • ducks(コンポーネント事にフォルダを作る)

例えばこんな感じ

ファイル
src/
├ components
|   ├ component1.js
|   └ component2.js
├ containers
|   ├ component1.js
|   └ component2.jsducks(コンポーネント事に)
    ├ component1
    |   ├ index.js
    |   ├ reducers.js
    |   ├ actions.js
    |   ├ types.js
    |   ├ operations.js
    |   └ selectors.js
    └ component2.js
        ├ index.js
        ├ reducers.js
        ├ actions.js
        ├ types.js
        ├ operations.js
        └ selectors.js

いい感じにまとまりました😁

以上です。

Discussion

ログインするとコメントできます