🍎

macOS Venturaでmicro:bitのファームウェアがアップデートできない件

2023/01/13に公開約1,200字

大丈夫かな?って思いつつOSをアップデートした年末

年末にうちのmacのOSを久しぶりにアップデートしてVentura13.1にしたんだけど、年が明けて、古い(v1)micro:bitを使おうとしたら、動作しない。

①まず、ケーブルを変えてみる

きっとこれは、USBケーブルが充電のみのケーブルだったのだろうと、いくつもケーブルを変更したが動作しない。

②次に、ファームウェアを変更してみる

そうすると、これはきっとファームウェアのアップデートが必要なのだろうと考えた。
https://microbit.org/get-started/user-guide/firmware/
micro:bitの公式ページのガイドに従ってファームウェアのアップデートを実施したのだけど、どうもおかしい。

ファームウェアアップデートをする場合は、micro:bitをパソコンに繋ぐ時に、micro:bitの裏側にあるリセットボタンを押しながらケーブルを繋ぐとモードが変わって、Finderに見えていたMICROBITの文字がMAINTENANCEに変わる。

2022年1月13日現在のmicro:bit(V1)のファームウェアのhexファイルは、

0249_kl26z_microbit_0x8000.hex

で、公式のサイトからダウンロードして、MAINTENANCEの中にドラック&ドロップするだけなのですが…
なぜか、ファームウェアが変更されず、モードもMAINTENANCEの状態からMICROBITに戻らない。

③そしてOSのバグだという記事を発見!

何度やってもファームウェアを変更できなかったので、
そうなると、これはOSでバグってるのかな??って思って、「micro:bit  Ventura」でググると

https://applech2.com/archives/20221218-macos-13-1-ventura-fixed-finder-bug.html

という記事を発見した!!

タイトルには「Raspberry Pi Picoやmicro:bitなどのマイコンボードにファームウェアを転送できない不具合が修正」って書かれているけど、 記事を読むと、「ユーザーの方は”rsync”を利用してみてほしい」と書かれている。

なので、同じような現象が起きている人は、ターミナルで

rsync ~/Downloads/0249_kl26z_microbit_0x8000.hex  /Volumes/MAINTENANCE

rsyncコマンドを試して欲しい。(0249_kl26z_microbit_0x8000.hexの部分はダウンロードした最新のファイル名に書き換えてください。)

これで、ファームウェアアップデートが完了して、micro:bitが正常に動作しました。めでたし。めでたし。

(おしまい)

Discussion

ログインするとコメントできます