⌨️

自作キーボードキットのmeishi2を組み立てた

2022/12/30に公開約1,400字

2021年の10月頃に、誰かから教えてもらって知ったのだろうmeishi2キットを購入していたのですが、その当時非常に忙しくて、放置してしまっていました。ひょんなことから思い出したので、作ってみました。初めての自作キーボードです。

組み立て

公式ガイド「meishi2 keyboard ビルドガイド」に沿って作っていきました。キーが4つしかないのではんだ付けするべきパーツも少なく、久々のはんだ付けでしたが、思ったよりは楽でした。

キーをはんだ付けする時に、はんだが溶けた状態でパーツが外れてしまい、穴が塞がってしまいました。はんだ吸い取り線がなく困りましたが、はんだを溶かした後に素早くパーツをはめ込むことで、なんとか対応できました。

ファームウェア

昨年購入した直後に、Remapに対応したとのことで、とても簡単になっていました。

2021/11/18 Remap のファームウェア書き込み機能とキーマップ書き換え機能に対応しました! Google Chrome 等の対応ブラウザでファームウェアの書き込み・キーマップの変更が可能です!🎉
meishi2 keyboard ビルドガイド - たのしい人生より

従来のQMK Firmwareを用いるともっと複雑なことができる(?)ようなので、機会があったらチャレンジしてみたいです。

キーマップ

同僚がSlackの絵文字を1キーストロークで出せるようにしていた(「中学生以来の電子工作をして meishi2 を組み立てた - やなぎにっき」)のを真似てみました。

Remapによるキーマップの作り方は、「(初心者編)Remapを使ってキーマップを書き換えよう - 自作キーボード温泉街の歩き方」を参考にしました。

以下の通り、絵文字(を表す文字列)を入力できます。

https://twitter.com/kentaro/status/1608786878010118145

おわりに

というか、ElixirのIoTデバイス開発フレームワークNervesを使って、キーボードを作ってみたいと思っているのですが、そもそもどうやって作ればいいのかまったくわからないので、まず手元にあるものでやってみたのでした。

いまのところ、単にガイドに沿って組み立てただけでしくみがわかってないのは同じなので、キーボードそのものの作り方についても調べていきたいと思います。

Discussion

ログインするとコメントできます