🖼️

evision事始め - ElixirでOpenCVを使って画像処理をする

2022/02/04に公開約2,500字

はじめに

本記事では、evisionを試してみます。evisionとは、OpenCVのElixirバインディングです。Nxとの連携もできNervesにも対応している、夢が広がるライブラリです。

実験環境

  • iMac (24-inch, M1, 2021)
  • macOSX Monterey (12.2)
  • Elixir: 1.13.2-otp-24
  • Livebook: Version 1.67

事前準備

evisionの依存ライブラリ(OpenCVなど)をインストールし、Livebook上で依存モジュールをインストールします。

依存ライブラリのインストール

依存ライブラリをインストールします。

$ brew install opencv cmake

依存モジュールのインストール

Mix.install/2をLivebook上で実行します。

Mix.install([
  {:evision, "~> 0.1.0-dev", github: "cocoa-xu/evision", branch: "main"},
  {:kino, "~> 0.5.2"}
])

evisionを動かしてみる

iMacの内蔵カメラで映像をキャプチャして、そこからフレームを読み取って画像として書き出してみます。

まず、evisionモジュールをaliasし(しなくてもいいけど、提供元のドキュメントに合わせます)、ファイルを読み書きしたいディレクトリ(このLivebookのファイルの実体があるディレクトリ)に移動し、内蔵カメラのデバイスを取得します。

alias Evision, as: OpenCV

File.cd!(__DIR__)
{:ok, cap} = OpenCV.VideoCapture.videoCapture(0)

EvisionからaliasされたOpenCV経由のAPIを使っていきます。

{:ok, mat} = OpenCV.VideoCapture.read(cap)
:ok = OpenCV.imwrite("capture.png", mat)

上記のコードを実行すると、capture.pngという名前で映像からキャプチャした画像が書き出されます。

カメラから画像を取得して表示する

今度は、カメラから取得した映像をLivebook上に直接表示してみる。

{:ok, mat} = OpenCV.VideoCapture.read(cap)
{:ok, encoded} = OpenCV.imencode(".png", mat)

encoded
|> IO.iodata_to_binary()
|> Kino.Image.new(:png)


ご覧の通り、素敵な画像を取得できました。

カメラ映像を表示する

Kinoの提供するKino.animate/3を使えば、映像から画像を読み出してアニメーションすることで、Livebook上に動画を表示することもできます。

Kino.animate(10, 0, fn i ->
  {:ok, mat} = OpenCV.VideoCapture.read(cap)
  {:ok, encoded} = OpenCV.imencode(".png", mat)

  kino =
    encoded
    |> IO.iodata_to_binary()
    |> Kino.Image.new(:png)

  # とりあえず1000回で止める
  if i < 1000 do
    {:cont, kino, i + 1}
  else
    :halt
  end
end)

※ リアルタイムに表示している動画なので、記事上では表示できません。カメラの前で、上記写真の画像の素敵な男性が動いているのを想像してください。

発展的な話題

上記のアニメーションによる映像表示は、@ShozFさんが以下のツイートでRaspberry PiとNerves Livebookを使って実現していたのを見て、自分でも試してみたものです(こちらは、OpenCVではなくPicamを使っています)。

https://twitter.com/ShozF/status/1487343261329289217

@ShozFさんはさらに、機械学習モデルを動かして手の検出をするデモも実現しています。こんなことが簡単にできるようになるなんて、夢が広がりますね。

https://twitter.com/ShozF/status/1489099577894440962

また、画像処理や機械学習については、evisionのexamplesディレクトリに例がありますので、詳しくはそちらをどうぞ。

Discussion

ログインするとコメントできます