🌟

Appのプライバシー書いてみた

2 min read

自己紹介

はじめましての方もそうでない方も、レシピサイトやSNSなどメニューを横断的に取り込める

おうちメニュー

というプロダクトをやっているkentarohです。

iOS Android
App Store Play Store

本題

おうちメニューではプライバシーポリシーのページをすでに運用していましたが、今回はApp Storeで新たにディベロッパーに求められたAppプライバシーの書き方に関する情報を共有させていただこうと思います。我々のようなスタートアップだからこそ、早期にユーザーの方々に誠意をもって回答すべきことかなと思って対応しています。

Appのプライバシーとは

Appのプライバシーとは、プロダクトのページに表示されるようになったそのアプリが利用しているデータについての説明項目です。
公式を要約すると、Google Analyticsとか入れてるなら、ちゃんとどんなデータ取ってるかあなたたちには理解して説明する必要がありますよ。責任もあなた方に持ってもらいます。と捉えました。
2020年12月8日移行のアップデートやアプリの申請には必須となりました。

*開示が任意となる場合もありますが、Firebaseを有効活用していたら基本的に必要だと思います。

データの種類と実際の回答(おうちメニュー)

公式を読みつつ、FirebaseやAdmobまわりの技術を利用してますので、そこでのデータ収集・利活用を意識して下記のように回答しました。

データの種類 回答 理由
連絡先情報
健康とフィットネス
財務情報
位置情報
機密情報
連絡先
ユーザコンテンツ ユーザーの方々が登録したメニューを収集させていただいております。※今後ランキング等で活用させていただこうと考えております。
閲覧履歴
検索履歴
ID デバイスの広告IDを収集させていただいております。アプリ内で表示される広告の最適化に利用させていただいております。
購入
使用状況データ アプリの利用頻度やメニューの追加、などどのくらいお使いになっているかを匿名化した状態で収集させていただいております。この指標を使ってアプリの改善によって使いやすくなったかな?というのを評価させてもらっています。
診断 クラッシュデータやパフォーマンスに関するデータを収集しています。これは、バグを早期に発見するため、そしてすぐ起動したり、ぬるぬる動くアプリにすべく収集し評価させてもらっています。
その他データ

その後、✓を入れた項目に対して、

  1. あなた、またはサードパーティパートナーによってどのように使用されるかの回答
  2. 個人情報に紐づけられるかの回答
  3. トラッキング目的で使用するかの回答

これで完成です。

感想

サードパーティーがどのような情報をどう利用しているか調べるのがちょっと大変でしたが、今回の活動を通して、あらためてデータ活用の納得感をユーザーの方々にお伝えすることの大切さと重要性を学びました。


次回予告

冬休みはがっつりデザインの勉強をしましたので、そのアウトプットをさせていただこうと思います。

Discussion

ログインするとコメントできます