⛏️

MacにRust環境 をインストール、Hello world!

1 min read

Setup Rust

Install Rust

公式の手順に従って、Rust入れる。
rustc, cargo, rustupコマンドツールがインストールされる。(by 公式)

In the Rust development environment, all tools are installed to the ~/.cargo/bin directory, and this is where you will find the Rust toolchain, including rustc, cargo, and rustup

Iterm
$ curl --proto '=https' --tlsv1.2 -sSf https://sh.rustup.rs | sh

インストール設定を聞かれる。latest stable で良いので、1を選択。
Rust の beta などを指定して、ダウンロードしたい場合は2を選択。

Iterm
   default host triple: x86_64-apple-darwin
     default toolchain: stable (default)
               profile: default
  modify PATH variable: yes

1) Proceed with installation (default)
2) Customize installation
3) Cancel installation
>1 # <- ここ1を入力して、Enter
...

Configure path

installが終わると、pathを設定してと言われる。

Iterm
Rust is installed now. Great!

To get started you may need to restart your current shell.
This would reload your PATH environment variable to include
Cargo's bin directory ($HOME/.cargo/bin).

To configure your current shell, run:
source $HOME/.cargo/env

パスを設定する。
bashを使っている場合は、~/.bash_profileに

~/.zshrc
source $HOME/.cargo/env

.zshrcを読み込ませるために、sourceコマンド実行。Terminal再起動でも良い。

Iterm
$ source ~/.zshrc

cargoコマンドに、パスが通っていることを確認。

Iterm
$ cargo --version
cargo 1.57.0 (b2e52d7ca 2021-10-21)

動かしてみる

main.rsを作って、HelloWorldを実装

main.rs
fn main() {
    println!("Hello world!");
}

main.rsをコンパイル。

Terminal
$ rustc main.rs

実行ファイルを実行。

Terminal
$ ls
main	main.rs

生成された実行ファイルを実行。

Terminal
$ ./main
Hello world!

参考

https://www.rust-lang.org/tools/install

Discussion

ログインするとコメントできます