🏷️

エラーが起きていないのに"ERR"と表示されるのを防ぐ

2022/03/09に公開約1,000字

動機

コマンドラインでエラーハンドリングを行うときに「エラー」という文字列をタイプすると、エラーが起きていないににもかかわらず画面に「エラー」という文字が表示された状態になって紛らわしいと思いました。そこで、スクリプトやコマンドライン入力に"ERR"という文字列を埋め込まずに、エラーが起きたときだけ"ERR"メッセージを画面に表示させます。

コマンド

bash
EAATAG=$(echo "EAAOA!" | sed "s/A/R/g")
echo ">>> $EAATAG : 何かが起きたときこんな感じでメッセージを出します"
実行結果
>>> ERROR! : 何かが起きたときこんな感じでメッセージを出します

コマンド画面に"ERR"と表示されるのを本当にエラーが起きたときだけに限ることが出来ます。

What is this?

Here is a small idea that avoid directly embedding the string "ERR" in a script or commandline input, in order not to confuse by seeing "ERR" in a screen when no error has occurred.

bash
EAATAG=$(echo "EAAOA!" | sed "s/A/R/g")
echo ">>> $EAATAG : print like this when something happened"
results
>>> ERROR! : print like this when something happened

It enables to show "ERR" only if an error acutually occurred.

Alternative

bash
EGGTAG=$(echo "EGG!" | sed "s/G/R/g")
echo ">>> $EGGTAG : print like this when something happened"
bash
MIRRTAG=$(echo "MIRROR!" | sed "s/MI/E/")
echo ">>> $MIRRTAG : print like this when something happened"

Discussion

ログインするとコメントできます