🙆

【答えはコレ!】『言語を極める』とは??

2022/02/28に公開約800字2件のコメント

理想はこれ

・言語はツールであり、 (表現が変わっても原則は変わりません)
・適材適所で色々な言語を使いこなす
 (原則を理解 →→  設計 →→上流へ移るのが必要)
・フレームワーク(変化はすごく速い
・インフラからOSやネットワーク等の理解
→結果として、、、『ビジネスやアウトプットの質や安定性にコミット』

ことが出来るエンジニアの方が好ましいのは当然

✖言語に固執したり、客観的な判断が出来ない

Javaが最適でないところにまでJavaを使おうとしたり
Java以外の言語を勉強することを拒否

組み込み系などのニッチなトコについては
尖がってずっとエンジニアとしていくのもあり

★重要なことは「楽しむこと」

しっくりくる言語を見つけて、
それを極めるのが一番

いろいろな言語に手を出して
その言語の考え方を学んでおくとよいと思います。

【コラム】1つの技術分野を極める

異なるプログラミング言語を学ぶことは、
自分のスキルを向上させ、
プロフェッショナルとしての自分を表現するための素晴らしいテクニックです。

しかし、さまざまな言語に慣れたら、

1つの言語に集中し、その言語に関する専門的な知識を身につけることをお勧め

します。

雇用主は、あなたが持っているスキルと、あなたが専門としている言語によって、あなたを判断します。(大事)

熟練したプロフェッショナルは、雇用者にインスピレーションを与え、素晴らしい機会を得ることができるのです!

コラム

ITエンジニア界隈では
チョットデキル が すごく出来る意味に捉えられる。

一般ピーポーは
理解できないので意味を統一しよう🐾🐾🐾

『完全に理解した』

同じ○○を自分でも1から作れるという意味。

『チョットデキル』

○○を使うためのチュートリアルを
完了したという意味。

『なにもわからない』

何がわからないのかわからない状態という意味。

Discussion

ログインするとコメントできます