🎃

機械学習における転移学習の効果

2022/11/29に公開約500字

SIGNATEの 鋳造製品の欠陥検出 を自力でやってみました。
転移学習を使わないシンプルなConv2D+Maxpoolでやったところ、
評価は0.79。まずまずか・・・
ソースを共有してみます。

https://colab.research.google.com/drive/1uiXUPq6R_ecFodMbQp5JTczOS2DzcioO?usp=sharing

さて、これに比べ
転移学習を使うとどうなるか。以下を参考に(というかコピーして)やってみました。
https://qiita.com/chihiro1209/items/84bb0c158463745a314b
評価は0.94。段違いですね・・・(記事によると0.99をたたき出したそうで数値はぶれるのかな?)

転移学習も勉強することにします…
その前に数学か。前途は多難です。

・追記
自分でも転移学習実装してみました。Inception_v3を利用。
https://colab.research.google.com/drive/1DGNVfoW4IvTATGLTntkXupVI2RGue1p9?usp=sharing
評価0.98に向上!すばらしいですね。

Discussion

ログインするとコメントできます