Laravel8 laravel uiからfortifyに移行は可能

公開:2020/09/22
更新:2020/09/27
8 min読了の目安(約5100字TECH技術記事

2020-09-22
(zennはタイトルに/が書けない?)

旧バージョンからLaravel8にアップグレードしたプロジェクトが想定。
fortifyに移行できれば非推奨になったuiを削除できる。

Fortify

フロントエンドにとらわれないバックエンド認証機能。
https://github.com/laravel/fortify
uiのauth-backendやstubs/Auth辺りに相当。
https://github.com/laravel/ui

フロントは自分で実装する必要がある。
Livewire or Inertiaで実装してるのがJetstream。

この記事でやろうとしてることは、uiのviewをフロントとして使う。

プロジェクトの準備

Laravel8で一から作る。

laravel new laravel8-ui-to-fortify
cd laravel8-ui-to-fortify
composer require laravel/ui
php artisan ui vue --auth
npm i
npm run prod
php artisan migrate

DBはSQLiteを使うとか細かい所は省略。

これでLaravel8のwelcomeページとuiのログイン画面を持ったプロジェクトができあがる。
loginregisterルートは存在するのでLaravel8のwelcomeページでも問題なく動く。
ユーザー登録しておく。登録後はログアウト。

laravel/ui アンインストール

routes/web.phpのAuth::routes();とcomposer.jsonからlaravel/uiを削除。

laravel/fortify インストール

composer require laravel/fortify
php artisan vendor:publish --provider="Laravel\Fortify\FortifyServiceProvider"
php artisan migrate

ここまででログインしようとしてもTarget [Laravel\Fortify\Contracts\LoginViewResponse] is not instantiable.のエラー。
解決方法は
config/app.phpApp\Providers\FortifyServiceProvider::class,追加。
そのFortifyServiceProvider@bootにFortify::viewPrefix('auth.');追加。
JetstreamでインストールするとFortify::viewPrefix()はJetstream内で実行されてるのでなかなか原因が分からなかった。
https://github.com/laravel/jetstream/blob/3ac0a23814c643b1e4de8168423e5be784081261/src/JetstreamServiceProvider.php#L69

Fortifyにviewは含まないのでどういうviewを使うかは利用する側で指定。これの理解が一番重要だった。

この時点でユーザー登録とログインとhome表示とログアウトは可能。意外とスムーズ。

Fortify::viewPrefix('auth.')の処理を追う

https://github.com/laravel/fortify/blob/96e6463117a4b11ce49baba11088ece6ffd96d13/src/Fortify.php#L85
loginView('auth.login')へ。

    public static function viewPrefix(string $prefix)
    {
        static::loginView($prefix.'login');
        static::twoFactorChallengeView($prefix.'two-factor-challenge');
        static::registerView($prefix.'register');
        static::requestPasswordResetLinkView($prefix.'forgot-password');
        static::resetPasswordView($prefix.'reset-password');
        static::verifyEmailView($prefix.'verify-email');
        static::confirmPasswordView($prefix.'confirm-password');
    }

https://github.com/laravel/fortify/blob/96e6463117a4b11ce49baba11088ece6ffd96d13/src/Fortify.php#L102
サービスコンテナへ登録。LoginViewResponseだったらSimpleViewResponseを返す。

    public static function loginView($view)
    {
        app()->singleton(LoginViewResponse::class, function () use ($view) {
            return new SimpleViewResponse($view);
        });
    }

SimpleViewResponseはここ。
https://github.com/laravel/fortify/blob/96e6463117a4b11ce49baba11088ece6ffd96d13/src/Http/Responses/SimpleViewResponse.php

    public function toResponse($request)
    {
        return is_callable($this->view) && ! is_string($this->view)
                    ? call_user_func($this->view, $request)
                    : view($this->view, ['request' => $request]);
    }

最終的には見慣れたview()に辿り着く。
view('auth.login')を表示してるだけなのでuiと同じと分かる。
https://github.com/laravel/ui/blob/29335934ee4dee248ec128d938682a14d6ee3dc4/auth-backend/AuthenticatesUsers.php#L21

    public function showLoginForm()
    {
        return view('auth.login');
    }

こんな回りくどいことをしてるのはカスタマイズできるように。
ログインは動くけどパスワードリセットは動かないのでFortifyServiceProvider@bootでviewの指定。

        Fortify::viewPrefix('auth.');
        Fortify::requestPasswordResetLinkView('auth.passwords.email');
        Fortify::resetPasswordView('auth.passwords.reset');
        Fortify::confirmPasswordView('auth.passwords.confirm');
        Fortify::verifyEmailView('auth.verify');

逆にviewのファイル名を変更してもいい。

これでlaravel/uiの機能をlaravel/fortifyに置き換えられた。

今回はuiのviewを使ったけど完全に独自のviewを使う場合も同じ。
Fortify単体+独自viewでいろいろ作って欲しいのがLaravel開発者の想定?
JetstreamはLaravel公式が用意したview。
という所まで分かってくるとJetstreamの立ち位置が分かる。
Fortifyのためのviewを提供するcomposerパッケージも作れるな。

追記:試しに作った

本格的に作るならインストールコマンドでJetstreamと同じようなことをするけどこれはviewPrefix()で指定するviewだけ。
Fortify::viewPrefix()はパッケージ側で実行せずプロジェクト側のFortifyServiceProviderで指定。
滅多にないだろうけど複数のパッケージをインストールしたままどれを使うかを選べるように。

不要な機能をオフ

config/fortify.phpで使わない機能をオフ。

    'features' => [
        Features::registration(),
        Features::resetPasswords(),
        // Features::emailVerification(),
        //Features::updateProfileInformation(),
        //Features::updatePasswords(),
        //Features::twoFactorAuthentication([
        //    'confirmPassword' => true,
        //]),
    ],

uiにはなかったのでオフにしてるけどviewさえ用意すれば使える。

reset.balde.php

細かい修正。

<input type="hidden" name="token" value="{{ $token }}">

<input type="hidden" name="token" value="{{ $request->route('token') }}">
{{ $email ?? old('email') }}

{{ old('email', $request->email) }}

他にもあるかも。

Actions

ユーザー登録時の処理を変更したいとか細かいことはapp/Actions/Fortify/のファイルで。

app/Http/Controllers/Auth/は削除していい。

URL

パスワードリセットなどのURLが変わってるけど影響はないはず。ルートは変わってないので。

register,loginが変わってなければ問題ない。

終わり

uiからfortifyに移行はできる。uiを使い続けなくていいと分かって安心。

https://github.com/kawax/laravel8-ui-to-fortify