Laravel Breeze 新たなスターターキットが登場

1 min読了の目安(約1000字TECH技術記事

これは初心者が混乱する…。

Laravel8.x時点の情報を再度まとめる。もちろん将来のバージョンではまた変わっている可能性が高い。

先に大事なこと

これらは新規プロジェクト作成時の話。既存プロジェクトでは関係ない。

Jetstream(松)

Livewire / Inertiaサポートや二要素認証を含む全部入り。


初心者がいきなり使うには過剰すぎる。

Breeze(竹)

Jetstreamまではいらないという意見が多かったのか今日新しくBreezeが公開された。
こっちはシンプルなログイン機能のみ。必要なファイルは全部プロジェクト側にコピーされるので好きなようにカスタマイズできる。


普及するかどうかは分からないけどこれで十分な人が多そう。
laravel new my-app

cd my-app

composer require laravel/breeze --dev

php artisan breeze:install

全部コピーするので--devでいい。インストール後はcomposer.jsonから削除してもいい。ui:1.xの頃と同じ。

ログイン機能なし(梅)

素のLaravelプロジェクトで作ってログイン機能を追加しない。
Socialiteでのログインだけ使うなら不要。
勧めないけど自分でログイン機能を作る場合も不要。

覚えるのはここまででいい。

fortify

Breezeが公開されたのでfortify+カスタムviewでの使い方は忘れて良さそう。
viewの変更はBreezeでもできる。

laravel/ui

uiも使う理由はなくなったけど…Jetstreamで一番壁を感じたのはTailwindなのでbootstrapやVue.jsのセットアップまでできてる状態がいい人もいるかもしれない。
最初だけ必要な作業なので諦めてBreezeで作った後bootstrapやVue.jsを使うように自分でセットアップ。

uiからbreezeへの移行

「uiからfortify」よりは簡単なはずなので既存プロジェクトでuiを使い続けたくない場合は移行もあり。

おわり

選択肢が複数あると「これが標準」と言えなくなるので困る。