📋

which-key.nvimでデフォルトの入力補完ソースを表示する

2022/07/07に公開約600字

Vimはデフォルトで入力補完機能が備わっており、<C-x>から呼び出すことができます(:h ins-completion)。
これはファイル内のキーワードやファイルパスなどの複数の補完ソースに対応しているのですが、それぞれ呼び出しに使うキーが異なっており、慣れるまでは狙った補完を行うのが困難です。

そこで、which-key.nvimというプラグインを使い、キーと補完ソースの対応を可視化する設定を紹介します。
lua使用プラグインのため、Neovim専用です。

https://github.com/folke/which-key.nvim

コード

以下を設定ファイルに記述してください。


insertモードで<c-x>押下後

「which-key.nvimを使う」けど「補完はデフォルトのものを使う」というユースケースがどれくらいあるかわかりませんが…。

参考

https://koturn.hatenablog.com/entry/2018/02/10/170000

Discussion

ログインするとコメントできます