😨

現場事例#009 OCR製品は前菜

2022/09/27に公開約1,500字

あらすじ

事務さん「毎日入荷時の情報を手入力しているので、もうちょっと楽にできません?」
私「じゃあ、調べてみますねー」

という流れから、OCR製品について調査を開始。これがかなりの沼だったのでご紹介します。

作業イメージ(理想)

OCR製品というと、なんとなく画像からテキストをいい感じで抽出してくれるイメージを
もっていました。なので、この話を聞いた時のイメージは下記でした。

作業イメージ(現実)

OCR製品を調べていくと、テキスト抽出したあとCSVで出力するところまでが
カバー範囲のようです。

また、前工程としてOCRできるように対象の書類を画像に変換する作業が要ります。
さらに出力されたCSVファイルを基幹システムに取り込んで、反映する機能が必要です。

そもそもCSVファイルによるデータ連携のI/Fがあれば問題ありませんが
そうでない場合は、基幹システムにCSVファイル取込のI/Fを開発する必要が
ありますので、OCR導入よりもボリュームが大きくなってしまいました。

これで、OCR製品は前菜と表現した理由がご理解いただけたでしょうか。

まとめ

OCR導入時は基幹システム改修も含めた方がよいです。

Discussion

ログインするとコメントできます