💨

【Vim】対になる動作のプレフィクスとして [] を利用する

1 min read

Vimでは好みのキーバインドを任意に設定することができます。
例えば、以下の例はj kキーをgj gkに置き換え表示行でのカーソル移動を実現します。

nnoremap j gj
nnoremap k gk

バッファやタブ・QuickFixのエラー箇所の移動のような対になる動作のキーバインドは以下のように[ ]キーに割り当てると一貫した定義をすることが可能です。

nnoremap [t :tabprevious<CR>
nnoremap ]t :tabnext<CR>
nnoremap [q :cprevious<CR>
nnoremap ]q :cnext<CR>

元となった投稿: Vim-jp Slack @yutkat

@yutkat
意外と見落としがちだけど [ ] が対となる動作のプレフィックスとして使えます。

nnoremap [t           :tabprevious<CR>
nnoremap ]t           :tabnext<CR>
nnoremap [q           :cprevious<CR>
nnoremap ]q           :cnext<CR> 

まとめ kato-k (@uvrub)

この記事はGithub上で管理されています。情報の加筆・修正・記事の追加を歓迎します。

Discussion

ログインするとコメントできます