📝

Vimにeskkをインストールする

3 min read

はじめに

Vim上での日本語入力の手段としてeskk.vimを導入しましたので自分用のメモも兼ねて残します。

SKK・eskk.vim共にこれまで使ったことがないので、参考程度に見てください。

インストール

eskk.vim

https://github.com/tyru/eskk.vim

好みのプラグインマネージャでeskkを導入してください。

辞書

skkを使うには読みとの対応が列挙された辞書が必要になるので、ダウンロードしてeskkに教えてあげる必要があります。

辞書ファイルはこちら↓などで公開されている物を利用しましょう。

https://skk-dev.github.io/dict/

自分でファイルをダウンロードして配置することもできますが、面倒ですので、自動でダウンロードするスクリプトを用意しました。

以下のスクリプトは辞書ファイルを ~/.config/eskk 下にダウンロード・配置します。

~/.config/eskk 配下に辞書が無いときのみ発動します。

if !filereadable(expand('~/.config/eskk/SKK-JISYO.L'))
  call mkdir('~/.config/eskk', 'p')
  call system('cd ~/.config/eskk/ && wget http://openlab.jp/skk/dic/SKK-JISYO.L.gz && gzip -d SKK-JISYO.L.gz')
endif

また、↓を.vimrcに書き込んでおけばダウンロードしてきたファイルがeskkに読まれます。


let g:eskk#directory = "~/.config/eskk"
let g:eskk#dictionary = { 'path': "~/.config/eskk/my_jisyo", 'sorted': 1, 'encoding': 'utf-8',}
let g:eskk#large_dictionary = {'path': "~/.config/eskk/SKK-JISYO.L", 'sorted': 1, 'encoding': 'euc-jp',}

skkの使い方

https://dic.nicovideo.jp/a/skk

以上の設定を終えた後、Insertモードで<C-j>をタイプすることでeskkが起動するはずです。この状態ではローマ字しか打てないのですが、漢字で打ちたい単語の初めの文字を大文字で打つことで、▽の文字が入りスペースキーで変換をすることが出来ます。 また、それぞれのキーを押下することで、平仮名・片仮名・英数を入力できます。

また、送り仮名の付いた漢字は、

送り仮名

OkuRiGana

といった形で入力できます。

カタカナモードなどに移行しなくても、変換の際スペースの代わりにモードキーを押して変換することもできます。

Unkoq

ウンコ

StickyShift

skkの入力では漢字を入力するたびにShiftキーを押すのですが、それでは小指が壊れてしまいます。

ですので、eskkにはStickyShiftという便利な仕組みが存在します。

この時、Shiftキーの代わりに";"キーを利用することができます。
例えば、

漢字

;kanji

のように入力できます。

この動作を変更し、StickyShiftを無効にするなどの設定は↓のように行うことができます。
以下の例では、SrickyShiftのキーとして;を無効にし、Qを新たに割り当てています。

autocmd User eskk-initialize-post call s:eskk_initial_pre()
function! s:eskk_initial_pre() abort
    EskkUnmap -type=sticky ;
    EskkMap -type=sticky Q
endfunction

を.vimrcに書き込んでおくと良いです。(多分eskk-initialize-postでやらないと動かない)

参考

StatusLineに変換モードを表示

g:eskk#statusline() 関数を使うと現在の変換モードを取得できるのですが、どうもLightline等に関数を設定するとVimの起動がめちゃ遅くなります。

そこで、新たに↓のような関数を定義しておくと良いでしょう。

function L_eskk_get_mode()
    if (mode() == 'i') && eskk#is_enabled()
        return g:eskk#statusline()
    else
        return ''
    endif
endfunction

私はもう少しシンプルに表示したいので、↓のような設定に落ち着きました。

function L_eskk_get_mode()
    if (mode() == 'i') && eskk#is_enabled()
        return g:eskk#statusline_mode_strings[eskk#get_mode()]
    else
        return ''
    endif
endfunction

let g:lightline = {
\   'active': {
\     'left': [ ['mode', 'paste'], ['readonly', 'filename', 'eskk', 'modified'] ]
\   },
\   'component_function': {
\     'eskk': 'L_eskk_get_mode'
\   },
\ }

おわり

Discussion

ログインするとコメントできます