SwiftWasm 5.3 リリースノート

公開:2020/11/10
更新:2020/11/11
2 min読了の目安(約2100字TECH技術記事

SwifWasmの最初の安定したツールチェーンがリリースされました。この文書はSwiftWasm Blogのリリースノートを日本語訳したものです。

Overview

今回のリリースはSwiftWasmツールチェーンの最初の安定バージョンリリースです。

macOS用の署名済み.pkgインストーラーとして提供されており、またIntelベースのUbuntu 18.04と20.04用のswiftenv互換アーカイブとDockerイメージしても提供されています。

このバージョンではWebAssembly上で安定したSwift機能を提供することに重点が置かれています。

Swift for WebAssemblyコンパイラ、標準ライブラリとコアライブラリ、JavaScript相互運用ライブラリ、UIライブラリ、ビルドツール、CIサポートが含まれています。

Swift Package Managerでライブラリを提供している場合、わずかな変更でWebAssembly対応出来る可能性があります。ぜひ試してみてください。

標準ライブラリとコアライブラリ

Swift標準ライブラリはWebAssembly上でフルに利用可能になっています。

標準ライブラリは現在、WebAssembly用のシステムインターフェースであるWASIに依存しており、wasi-libcとベースにビルドされています。将来的にWASIへの依存はオプショナルにする予定です。

Foundation / XCTest

Foundation と XCTest は一部機能が制限されていますが、WebAssemblyでも利用可能になっています。利用できないAPIに関してはドキュメントを参照してください。

JavaScriptの相互運用ライブラリ

JavaScriptKitは、WebAssemblyを介してJavaScriptを操作するためのSwiftライブラリです。

このライブラリを使えば、JavaScriptのあらゆるAPIをSwiftから利用することができます。ブラウザアプリでのJavaScriptKitの使用例を簡単に紹介します。

import JavaScriptKit

let document = JSObject.global.document
var divElement = document.createElement("div")
divElement.innerText = "Hello, world"
_ = document.body.appendChild(divElement)

詳細は https://book.swiftwasm.org/getting-started/javascript-interop.html をご覧ください。

UI library

Tokamak UI framework は、SwiftUIのAPIをクロスプラットフォーム向けに実装したものです。現在はWebAssembly/DOMターゲットとmacOS/Linux上での静的HTMLレンダリングをサポートしています。

Tokamakを使って簡単なWebアプリを作るためのガイドをご覧ください。

All-in-one builder, test runner, and bundler for SwiftWasm

cartonはSwiftWasm向けに設計されたビルドツールです。webpack.jsのようなものですが、設定や複雑な依存関係はありません。また、ツールチェーンを自動的にインストールしてくれるので、SwiftWasmを始めるのに一番簡単な方法です。

CI support

SwiftWasmプロジェクトでは、SwiftWasmツールチェーンを使って継続的インテグレーションを行うためのGitHub Actionも提供しています。