🖥️

PC交換時の設定移動をなるべく楽にやりたいな

1 min read

背景

PCが壊れたり古くなったりして交換するときの手間をなるべく減らしたい。
スクリプトを書く、自動化するなどのかっこいいことはしていません。
※Windowsです
※ドキュメント類は日頃からクラウドストレージに保存しており、PCローカル固有のドキュメントはないものとします

ChromeやFirefox

アカウントを作ってログインしておけばブックマークやパスワードを次のPCに引き継げる。簡単すぎる!全部こうだったらいいのに!

RLogin

ServerSelect画面でEntryを右クリック > ファイルにエクスポート
新PCでこのファイルをインポートすればよい。

ハマりポイント1
RLoginはServerEditEntry画面のタブ入力欄にhoge/fugaと入力することで、ServerSelect画面に階層表示できる機能がある。めっちゃ便利。
でもこれを使っていると階層内のEntryしか一括選択できず、エクスポートファイルを大量に作る羽目になりました…。

ハマりポイント2
SSH認証鍵を設定している場合、旧PCと同じディレクトリにSSH鍵を置いておいても識別してくれません。そのまま接続しようとするとパスフレーズを求められます。
ServerSelect画面で該当Entryを選んで「編集」クリック>何も変えずに「OK」クリックすればSSH鍵を識別してくれるようになります。

CyberDuck

エクスポート機能が用意されていません。マジか。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Cyberduck\Bookmarks 配下のファイルをごっそり新PCの同ディレクトリに移動すればOKでした。
※提供された機能ではないので自己責任でどうぞ

RLoginはPC引越し時にSSH鍵を認識してくれませんでしたが、Cyberduckはそのままいけました。

MySQLWorkbench

BackupConnections/Restore Connections機能が提供されているにも関わらず、リストアするとエラーが。もうやだ。
※そのうち調べて追記します

つらみ

A5:SQL Mk-2

「データベースの追加と削除」画面からエクスポート・インポートができます。
DBが1行ずつしか選べなくて絶望しかけるけど、何を選んでも全件エクスポートしてくれます。ありがとう。
インポートするとパスワードは保存されていません。まあ仕方ない…

順次追加します。

Discussion

ログインするとコメントできます