🔥

Firestore データ取得の制限について

2 min read

概要

  • 普段大変お世話になっているFirestoreですが、DBから直接データを取得しようとすると、制限があるので自分なりにまとめました。
  • 今回は下記の様な例で説明していきたいと思います。6人の男の子の身長と体重が入ったDBです。

collection名:boys

id name height weight
0 一郎 160 60
1 二郎 165 65
2 三郎 170 70
3 四郎 175 75
4 五郎 180 80
5 六郎 185 85

orderByの制限

不等号を使った複数フィールドの絞り込みができない

  • 例のデータだと、例えば、身長160cm~170cmかつ、体重65kg~80kgの人、みたいな絞り込みが仕様上できません。
  let boysRef = db.collection("boys").where("height", ">=", 160).where("height", "<=", 170).where("weight", ">=", 65).where("weight", "<=", 80); 
  let items = await boysRef.get(); // エラー
  • 出てくるエラーはこんな感じ。不等号を含むwhereフィルターは全て同じフィールドに対しての指定である必要がありますみたいに言われます。
  • 今回の例でいうと、身長160cm~170cmの人、体重65kg~80kgの人、どっちか片方だけの絞り込みはできます。
Uncaught (in promise) FirebaseError: Invalid query. All where filters with an inequality (<, <=, !=, not-in, >, or >=) must be on the same field. But you have inequality filters on 'height' and 'weight'

不等号をつかった絞り込みと、orderByに異なるフィールドを指定できない

  • 今回の例だと、例えば、身長160cm~170cmの人に絞り込みつつ、体重を降順に並び替える、というのができません。
  let boysRef = db.collection("boys").where("height", ">=", 160).where("height", "<=", 170).orderBy("weight", "desc");
  let items = await boysRef.get(); // エラー
  • こんなエラーです。不等号を含むwhereフィルターはheightについてのものなので、最初のorderByのフィルターも、heightについて指定する必要がありますということでした。
Uncaught (in promise) FirebaseError: Invalid query. You have a where filter with an inequality (<, <=, !=, not-in, >, or >=) on field 'height' and so you must also use 'height' as your first argument to Query.orderBy(), but your first orderBy() is on field 'weight' instead.
  • ちなみに、2個目のorderByにweightを指定する↓のやり方だとエラーはでませんが、身長順で並び替えたあと、同順位のデータを体重順で並び替えるだけなので、期待する結果は得られません。
  let boysRef = db.collection("boys").where("height", ">=", 160).where("height", "<=", 170).orderBy("height", "desc").orderBy("weight", "desc");
  let items = await boysRef.get();

ページネーションが実現しづらい

  • まずfirestoreを使ってのページングにはstartAfterを使います。上の例だと以下の通りです。
  let boysRef = db.collection("boys").orderBy("height", "asc").limit(2);
  let items = await boysRef.get(); // itemsには一郎、二郎のデータ
  let last = items[items.length - 1];
  let nextItems = boysRef.startAfter(last.doc).get(); // 三郎、四郎のデータ
  • 上記のやり方だともっと見る形式の追加ローディングにはさくっと対応できますが、googleの検索結果ページにある様なページネーションには対応が困難です。
  • 例えば、100件データがあるうちの51件目から表示したい場合、一発で51件目のデータを特定することが、startAfterでは不可能です。

参考リンク

https://firebase.google.com/docs/firestore/query-data/order-limit-data?hl=ja

Discussion

ログインするとコメントできます