📟

SEEED ODYSSEY X86J4105を購入してセットアップ

1 min read 2

SEEED ODYSSEY X86J4105を買いました

結構前から、ネイティブのLinuxが動くX86互換(Intel CPU)のPCが欲しいなと思っていたのですが、ついに衝動買いしてしまいました。Twitterで勧められたのでつい…

https://twitter.com/Ray255Ar/status/1376156531427745794

スペック的には、ラズパイ4の倍の性能らしいです。ちょうど良いくらいですね(何が?)。

購入した一番の理由は「ゼロからのOS自作入門」を読んでいて、自作OS動かすX86マシンが欲しくなったからです。まさかPCまで買うとは思いませんでした。自作OS沼恐るべし。

見た目は、なかなかカッコいいです。

ケースのつくりが良いですね。このケースは単体でも購入することができて、Jetson Nanoにもラズパイにも使えてオススメと以前SEEEDの中の人に教えてもらいました。

https://www.marutsu.co.jp/pc/i/2189852/

初期セットアップ

Windows 回復ドライブを作成

二度とWindowsなんて起動しないだろうなと思いつつ、貧乏性なのでLinuxを入れる前にバックアップをとろうとしました。16GB以上のメモリを挿入して、以下の通り操作します。

https://www.pc-koubou.jp/magazine/24666

ただ、3時間くらいたっても終わらないので途中でやめました。どうせWindowsなんて使わないからいいです(良い子はちゃんとバックアップをしましょう)。

Linuxインストール

結局Windowsは1度だけ起動した後、Linuxをインストールすることにしました。Ubuntuのインストールからセットアップは以下記事参考にセットアップします。

https://qiita.com/karaage0703/items/705f1b750c486f00d554

USBからのブートは、電源ON時F7連打です押しっぱなしです(コメントで指摘いただきました)。すんなりLinux(Ubuntu)がセットアップできました。

セットアップ後

セットアップした後は、ゼロからOS作ったり、動かしたりして遊んでいました。

https://zenn.dev/karaage0703/articles/1bdb8930182c6c

OSは動いたのですが、マウスが動かず…

コメントで指摘いただきましたが、どうもこのPCは内部にUSB HUBがあるらしく、それが原因ではないかとのことです。

まとめ

SEEED ODYSSEY X86J4105を買いました。衝動的に買ってしまったのですが、なかなか良いマシンではないかと思います。やっぱりX86だと何かとトラブルが少なくて良いですね。

GPIOも使ったりできるようなので、その辺りも必要が出てきたら試して追記していきたいなと思います。

参考情報

https://wiki.seeedstudio.com/ODYSSEY-X86J4105-Installing-OS/

http://www.ritsumei.ac.jp/se/re/izumilab/dist/odyssey/index.html

https://qiita.com/matsujirushi/items/3c47f9155fe6dbce002a

変更履歴

  • 2021/07/05 コメントを記事にフィードバック

この記事に贈られたバッジ

Discussion

USBからのブートは、電源ON時F7連打です。

ユーザーズマニュアルによると連打ではなく、押しっぱなしのほうが正しいようです。

Press the power button and keep pressing F7 key on the keyboard until you see the
Boot Manager screen.

あとMikanOSでマウスが効かないのは、このPCのUSBですが内部的にハブになっているようで、MikanOSのpci::ScanAllBus()がハブに対応していないのが原因のようです。

@nabeyang さん
コメントありがとうございます!記事にフィードバックさせていただきます。

ログインするとコメントできます