📎

様々なプラットフォーム上での便利なスクリーンショットTIPS

2 min read 3

今すぐ便利にスクリーンショットを撮りたい

スクリーンショット、撮りますよね?特にスクリーンショットって異常が起こったときに重要なので、急いでいたり、慣れてない(初めての)環境で必要だったりすることが多いと思います。

なので、ここでは多くのプラットフォーム(Windows, macOS, iOS, Raspberry Pi, etc...)での便利なスクリーンショットの撮り方を紹介したいと思います。ネットに繋がっていないことも想定して、基本的にOSの基本機能やプリインストールされているソフトでスクリーンショットを撮る方法を紹介しています。

Windows10

画面全体をキャプチャ

PrintScreen -> ペイントを開いてコピー

選択したウィンドウをキャプチャ

キャプチャしたいウィンドウをアクティブにした状態でAlt + PrintScreen -> ペイントを開いてコピー

or

  • Windowsキー + G (ゲームバーを起動)

ゲームバーに関しては以下。

https://hamachan.info/win10-win-movie/

選択領域をキャプチャ

  • Windowsキー + SHIFT + S

macOS

ウィンドウ全体をキャプチャ

Command + SHIFT + 3

選択したウィンドウをキャプチャ

Command + SHIFT + 4の後に、キャプチャしたいウィンドウの上でSpaceキーを押したあとにクリックします。

キャプチャするときにControlキーを押していると、クリップボードにコピーされます。

選択領域をキャプチャ

Command + SHIFT + 4の後に、キャプチャしたい領域をドラッグします。

キャプチャするときにControlキーを押していると、クリップボードにコピーされます。

一定時間後にキャプチャ

ターミナルで、以下コマンドを実行します(10秒後にキャプチャする例です)。

$ screencapture -T 10 ./test.png

より詳しいオプション

Command + SHIFT + 5で、キャプチャのオプションを詳しく設定できるモードが起動します。

困ったらこのモードを使うのも良いかもしれません。

Linux

画面全体をキャプチャ

PrintScreen

何も反応ないように見えたら 以下コマンドでPicturesディレクトリをのぞいてみましょう。

$ cd ~/Pictures

選択したウィンドウをキャプチャ

キャプチャしたいウィンドウをアクティブにした状態でAlt + PrintScreenでキャプチャできます。

選択領域をキャプチャ

SHIFT + PrintScreenの後に、キャプチャしたい領域をドラッグします。

Raspberry Pi

PrintScreenも使えますが、最新のRaspberry Pi OSではデフォルトでscrotというスクリーンキャプチャのコマンドが使えるので、代表的な使い方を記載します。

ファイルは、ホームディレクトリに保存されます。以下コマンドで開きましょう。

$ xdg-open ~

画面全体をキャプチャ

以下コマンドを実行します。

$ scrot

選択したウィンドウをキャプチャ

以下コマンドを実行した後、キャプチャしたいウィンドウをクリック。

$ scrot -s -b

-bのオプションは、ウィンドウのタイトルバーを含める場合につけるオプションです。

選択領域をキャプチャ

以下コマンドを実行した後、キャプチャしたい範囲をドラッグして選択します。

$ scrot -s

一定時間後にキャプチャ

以下コマンドを実行します(10秒後にキャプチャする例です)

$ scrot -c -d 10

-cは、カウントダウン表示するオプションです。

iOS

基本はスリープボタンとボリュームボタンの同時押しです。

スクリーンショットと直接は関係ないのですが、iOSは、プリント画面からピンチアウトすると画像をPDFにできるという小技があって便利です。

詳しくは以下のブログの記事が参考になります。

https://www.blky.me/how-to-convert-pics-pdf/

Chrome拡張機能

デフォルト機能の枠からは外れますが、ChromeのAwesome Screenshotという拡張機能を使ってスクリーンショットを撮る方法も便利です。

どのプラットフォームでも、Google Chromeを使えば同じ使い勝手でスクリーンショットに加えて、動画のキャプチャーもできるのが良いですね。

ローカルの保存の他、Googleアカウントでサインインすれば、クラウドに保存もできます。

まとめ

スクリーンショットを撮る方法をまとめました。色々なプラットフォーム(OS)を使っていて、急にスクリーンショットとりたくなるたびに検索していたのでまとめてみました。

あんまり需要ないかもしれませんが、誰かの役に立つかもしれないので記事化しました。

まだ、一部書けてない項目もあるので、分かり次第追記していきます。

参考リンク

https://macperson.net/screencapture-command/

https://raspida.com/how2screenshot2ways

https://zenn.dev/optimisuke/articles/9e60519d9a506699d701

Discussion

Linuxはメジャーどころのデスクトップ環境にはキーボード・ショートカット設定するGUIアプリがあって
Printscreenキーにキャプチャ撮るアプリが割り振られててそれが起動するようになってます。

今のデフォルトのUbuntuの場合はgnome-screenshotが起動すると思います。
私はMintMateなのでmate-screenshotが起動してます。

この割り当てられたアプリが大抵の場合scrotと同等かそれよりも高機能なものが多いのでhelpを見ると他の欲しかった機能が見つかるかも知れません。

$ mate-screenshot --help
用法:
  mate-screenshot [オプション…] 画面全体のスクリーンショットを撮る

ヘルプのオプション:
  -h, --help                       ヘルプのオプションを表示する
  --help-all                       ヘルプのオプションをすべて表示する
  --help-gtk                       GTK+ のオプションを表示する

アプリケーションのオプション:
  -w, --window                     画面全体ではなくウィンドウ単体を取得する
  -a, --area                       画面全体ではなく一部を取得する
  -c, --clipboard                  Send grabbed area directly to the clipboard
  -b, --include-border             スクリーンショットにウィンドウの境界線を含める
  -B, --remove-border              スクリーンショットからウィンドウの境界を取り除く
  -d, --delay=秒                   指定した時間を経過してからスクリーンショットを撮る [秒単位]
  -e, --border-effect=画像効果     境界線に適用する画像効果を指定する (shadow, border, none)
  -i, --interactive                設定ダイアログを表示する
  --version                        バージョン情報を表示して終了
  --display=DISPLAY                使用するXのディスプレイを指定する

コメントありがとうございます。そういう仕組みなのですね。
参考になりました!

Linuxの内容しか見てなかったので書き漏れてましたが
Win+Shif+sで範囲選択キャプチャも便利ですよ👍

WindowsUpdateしてないと対応してない場合ありますが

あと余談ですがゲームバーの動画キャプチャってハードウェアエンコーダ必要なので
最近流行りのRyzenでGPUをGT1030みたいな私みたいなケチった環境だとキャプチャ出来なくて詰んだりします😂

ログインするとコメントできます