様々なプラットフォーム上での便利なスクリーンショットTIPS

2 min read読了の目安(約2000字 3

今すぐ便利にスクリーンショットを撮りたい

スクリーンショット、撮りますよね?特にスクリーンショットって異常が起こったときに重要なので、急いでいたり、慣れてない(初めての)環境で必要だったりすることが多いと思います。

なので、ここでは多くのプラットフォーム(Windows, macOS, iOS, Raspberry Pi, etc...)での便利なスクリーンショットの撮り方を紹介したいと思います。ネットに繋がっていないことも想定して、基本的にOSの基本機能やプリインストールされているソフトでスクリーンショットを撮る方法を紹介しています。

Windows10

画面全体をキャプチャ

PrintScreen -> ペイントを開いてコピー

選択したウィンドウをキャプチャ

キャプチャしたいウィンドウをアクティブにした状態でAlt + PrintScreen -> ペイントを開いてコピー

or

  • Windowsキー + G (ゲームバーを起動)

ゲームバーに関しては以下。

https://hamachan.info/win10-win-movie/

選択領域をキャプチャ

  • Windowsキー + SHIFT + S

macOS

ウィンドウ全体をキャプチャ

Command + SHIFT + 3

選択したウィンドウをキャプチャ

Command + SHIFT + 4の後に、キャプチャしたいウィンドウの上でSpaceキー。

選択領域をキャプチャ

Command + SHIFT + 4の後に、キャプチャしたい領域をドラッグします。

一定時間後にキャプチャ

ターミナルで、以下コマンドを実行します(10秒後にキャプチャする例です)。

$ screencapture -T 10 ./test.png

Linux

画面全体をキャプチャ

PrintScreen

何も反応ないように見えたら 以下コマンドでPicturesディレクトリをのぞいてみましょう。

$ cd ~/Pictures

選択したウィンドウをキャプチャ

キャプチャしたいウィンドウをアクティブにした状態でAlt + PrintScreenでキャプチャできます。

選択領域をキャプチャ

SHIFT + PrintScreenの後に、キャプチャしたい領域をドラッグします。

Raspberry Pi

PrintScreenも使えますが、最新のRaspberry Pi OSではデフォルトでscrotというスクリーンキャプチャのコマンドが使えるので、代表的な使い方を記載します。

ファイルは、ホームディレクトリに保存されます。以下コマンドで開きましょう。

$ xdg-open ~

画面全体をキャプチャ

以下コマンドを実行します。

$ scrot

選択したウィンドウをキャプチャ

以下コマンドを実行した後、キャプチャしたいウィンドウをクリック。

$ scrot -s -b

-bのオプションは、ウィンドウのタイトルバーを含める場合につけるオプションです。

選択領域をキャプチャ

以下コマンドを実行した後、キャプチャしたい範囲をドラッグして選択します。

$ scrot -s

一定時間後にキャプチャ

以下コマンドを実行します(10秒後にキャプチャする例です)

$ scrot -c -d 10

-cは、カウントダウン表示するオプションです。

iOS

基本はスリープボタンとボリュームボタンの同時押しです。

スクリーンショットと直接は関係ないのですが、iOSは、プリント画面からピンチアウトすると画像をPDFにできるという小技があって便利です。

詳しくは以下のブログの記事が参考になります。

https://www.blky.me/how-to-convert-pics-pdf/

まとめ

スクリーンショットを撮る方法をまとめました。色々なプラットフォーム(OS)を使っていて、急にスクリーンショットとりたくなるたびに検索していたのでまとめてみました。

あんまり需要ないかもしれませんが、誰かの役に立つかもしれないので記事化しました。

まだ、一部書けてない項目もあるので、分かり次第追記していきます。

参考リンク

https://macperson.net/screencapture-command/

https://raspida.com/how2screenshot2ways