💓

IRKitを延命する

2022/12/16に公開約4,000字

2022年12月11日から使えなくなったIRKitを延命処置する方法です。

目的

IRKitは2014年に発売されてから8年が経過しました。
開発者から2022年11月末にIRKitのサーバが停止し、サービスを終了するとのお知らせがありました。
IRKitがサーバに接続できなくなると、ローカルのみの使用もできなくなるとのことです。
https://maaash.jp/2022/04/deprecating-irkit/

自宅では寒い日にリビングのエアコンをONにするために使われており、今年も使用する予定だったのでどうしようかと思ってました。
ただ、お知らせに修正したファームウェアを書き込むと継続して使用できるそうなので、作業の記録をまとめてみました。

環境

  • Macbook Air 2020 (Apple M1)
  • macOS: Ventura 13.1

準備するもの

  • IRKit
  • USB Micro-Bケーブル

カスタムファームウエアのインストール作業

Arduinoのインストール

カスタムファームウェアをインストールするために、Arduinoの開発環境をインストールします。

$ brew install --cask arduino

Arduinoを起動し、エディタが起動すればOKです。
インストール時点でのArduinoのバージョンは1.8.19でした。

Macと接続

USB Micro-Bケーブルを使用し、IRKitとMacを接続します。

接続するとキーボード設定アシスタントが立ち上がりますが、「終了」を選択します。

IRKitのカスタムファームウェアのソースコードを取得

ターミナルから以下のコマンドを実行し、ソースコードを取得します。

git clone https://github.com/kangaechu/device
cd device

Arduinoで開く

Finder、またはコマンドプロンプトからArduinoのプロジェクトファイルである firmware/src/IRKit/IRKit.ino を開きます。

コマンドプロンプトで開く場合は、以下のように実行します。

open firmware/src/IRKit/IRKit.ino

Arduinoの設定

IRKitへの書き込みのため、以下の設定を行います。

  • ツール→ボード→Arduino Leonardo を選択します。
  • ツール→シリアルポート→/dev/usbmodemxxxxx (xxxxxは任意の数字)を選択します。

 を選択
 (xxxxxは任意の数字)を選択

コンパイル

エディタの左上にある✅ボタン(検証)を押し、プログラムをコンパイルします。
緑色の部分に「コンパイルが完了しました」と表示されれば成功です。
赤字のメッセージが出ますが問題ありません。

エディタの左上にある✅ボタン(検証)を押し、プログラムをコンパイル

IRKitへの書き込み

次にエディタの左上にある➡️ボタン(マイコンボードに書き込む)を押し、プログラムをIRKitに送信します。
緑色の部分に「ボードへの書き込みが完了しました」と表示されれば成功です。
赤字のメッセージが出ますが問題ありません。

IRKitへの書き込み

書き込み後にLEDが赤→緑→水色→青→消灯すれば成功です。お疲れ様でした。

Wi-Fi設定を書き込み

書き込み後にLEDが赤点滅している場合、IRKitのWi-Fi設定が削除されているため、以降の手順が必要となります。
サービス停止以前はWi-Fi設定をIRKitシンプルリモコンアプリで書き込むことができましたが、現時点ではエラーになります。

そのため、Wi-Fi設定を手動で書き込みます。

Wi-Fi設定から送信する文字列を作成

IRKitに書き込むWi-Fi設定は文字列をエンコードしたものなので、変換する必要があります。
手元で変換するのは難しいので、IRKit Setup Guide の力を借ります。

4. Tell IRKit to join your home wifi network のフォームにIRKitが接続したいSSIDとパスワードを入力します。

  • 暗号化方式: WPA / WPA2 Encryption
  • Device Key: (入力しない)

作成した文字列を取得

メニューから表示→開発 / 管理→デベロッパーツール を開きます。

ネットワークを選択します。
Send to IRKitを押します。An error occured while sending the request! というメッセージが出ますが問題ありません。
デベロッパツールのwifiを右クリック→copy→cURLとしてコピーを選択します。

MacをIRKitのWi-Fiに接続

IRKitのWi-Fiを設定するため、IRKit設定用のWi-Fiに接続します。

Mac右上のWi-Fiアイコンから、IRKitxxxx(xxxxは機種により異なる)を選択します。
パスワードはXXXXXXXXXXです。IRKitに同梱されたパスワードとは異なります。

IRKitのWi-Fiを設定

先ほどコピーした文字列をテキストエディタに貼り付けします。

curl 'http://192.168.1.1/wifi' \
  -H 'Accept: */*' \
  -H 'Referer;' \
  -H 'Content-Type: application/x-www-form-urlencoded; charset=UTF-8' \
  --data-raw '8/4E414E4B412D4E4F2D53534944/70617373776F7264//2//////1A' \
  --compressed

上記のような形になっていますが、不要なヘッダやオプションを削除し、以下のように書き換えます。

curl -v -H 'X-Requested-With: curl' 'http://192.168.1.1/wifi' \
  --data-raw '8/4E414E4B412D4E4F2D53534944/70617373776F7264//2//////1A'

書き換えたらターミナルにコマンドを貼り付けて実行し、IRKitのWi-Fiを設定します。
書き込み後にLEDが赤→緑→水色→青→消灯すれば成功です。お疲れ様でした。

まとめ

IRKitのインターネット機能がなくなったため、インターネットからIRKitを使用した家電の操作はできなくなりましたが、Raspberry Piなどを使用して同じWi-Fiの中から操作をすることは可能です。また、インターネットとうまく連携することも可能です。

延命したIRKitをiPhoneから操作する に続きます。

Discussion

ログインするとコメントできます