📱

iOS Simulator で動作しているアニメーションを遅くする方法

2021/03/12に公開約700字

アニメーションを遅くする方法

Simulator のメニューから Debug > Slow animations を実行する

余談

SwiftUI だとアニメーションを実現するのが animation Modifier や withAnimation によって、さらに簡単になったと思います。

animation Modifier は View に対して Modifier を付与するだけで簡単に View をアニメーションさせることができるので便利ですが、時々、いや結構頻繁に「何か想定してるアニメーションと違うぞ...?何が起こってるんだ?」という感情に陥ります。

先日 Point-Free さんの以下の動画を見て今更ながら知ったのですが、Simulator で動作しているアニメーションは遅くすることができるらしいです。

https://www.pointfree.co/episodes/ep137-swiftui-animation-the-point#t1939

前までは Xcode の Debug メニューからアニメーションを遅くすることができたようですが、どこかのタイミングで Simulator のメニューから以下の方法で変えることができるようになったらしいです。

Debug > Slow animations

たったこれだけで、Simulator 上のアニメーションがゆっくり動くようになります。
これで不可解なアニメーションにも立ち向かうことができそうです。

Simulator は他にも Face ID 認証することができたりするなど、普段あまり使わない機能が意外とあるので一度ちゃんと機能を把握しておきたいと思いました。(Xcode もそうですが)

Discussion

ログインするとコメントできます