🍎

Mac OS X + Vagrant で X11 転送をする

1 min read

デモ動画

  • Mac から vagrant ssh をして Ubuntu の xeyes とかを立ち上げたところ。

OS

項目 バージョン
ホストOS Mac OS X EL Capitan(10.11.3)
ゲストOS Ubuntu 14.04 LTS

利用したソフト

項目 バージョン
vagrant 1.8.1
VirtualBox 5.0.10
XQuartz 2.7.8

インストール手順

  • vagrant, VirtualBox のインストールは省略
  • XQuarts を以下のサイトからダウンロードして、Mac にインストール
  • 適当な場所にディレクトリを掘る
$ mkdir ubuntu-x11fowarding
$ cd ubuntu-x11forwarding
  • 以下のような Vagrantfile をディレクトリ内に作る
Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "ubuntu/trusty64"

  # ubuntu-desktop をインストール
  config.vm.provision :shell, :inline => "sudo apt-get update && sudo apt-get install -y ubuntu-desktop"
  # X11 Fowarding を有効にする
  config.ssh.forward_x11 = true

  config.vm.hostname = "ubuntu-xforwarding"
  config.vm.provider :virtualbox do |vb|
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--memory", "1024"]
  end
end
  • 後は以下のコマンドを実行して適当に xeyes を起動してみれば OK
[Mac]$ vagrant up # VM を立ち上げる
(ubuntu-desktop のインストールが走るのでしばらく待つ)
[Mac]$ vagrant ssh # ssh で接続する
[Ubuntu]$ xeyes
[Ubuntu]$ xclock

何に使うの?

  • qemu や virt-manager を GUI で立ち上げるときに使ってみたり
  • Linux 上でしか動かない GUI アプリを検証してみたり(あまりやらないけど)

注釈

  • ポイントは config.ssh.forward_x11 = true。これだけで X11 転送が有効になる
  • ssh コマンドで -X オプションを利用してもいいし、~/.ssh/config に ForwardX11 yes を追記しても良い

備考

Discussion

ログインするとコメントできます