📆

[Mattermost Integrations] Outgoing WebHook 発展編

2 min read

Mattermost 記事まとめ: https://blog.kaakaa.dev/tags/mattermost/

本記事について

Mattermost の統合機能アドベントカレンダーの第 5 日目の記事です。

前回の記事では、Mattermost に投稿が作成された際に、その投稿情報を外部アプリケーションに送信することができる Outgoing WebHook(外向きのウェブフック)の機能について紹介しましたが、本記事はその続きです。Outgoing WebHook が送信された外部アプリケーションから Mattermost へ投稿を作成する方法について紹介します。

Outgoing WebHook のレスポンスとして投稿を作成する

昨日の記事では、Outgoing WebHook を受け取ってコンソールへ出力する例を紹介しましたが、受け取ったリクエストへのリクエストとして JSON データを返却することで、外部アプリケーションから Mattermost へ投稿を作成することもできます。

以下のコードは昨日のコードにレスポンスを返すコードを追加したものです。

package main

import (
	"encoding/json"
	"fmt"
	"io"
	"io/ioutil"
	"log"
	"net/http"

	"github.com/mattermost/mattermost-server/v5/model"
)

const (
	WebHookToken = "9mgpebi9a7bq3qjedd1kt6mwtr"
)

func main() {
	http.HandleFunc("/outgoing", func(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
		defer r.Body.Close()
		b, _ := ioutil.ReadAll(r.Body)
		var payload model.OutgoingWebhookPayload
		json.Unmarshal(b, &payload)

		// (1) Tokenのチェック
		if payload.Token != WebHookToken {
			log.Printf("received an invalid request with token: %s", payload.Token)
			return
		}

		// (2) レスポンスとしてMattermostへ投稿を作成
		w.Header().Add("Content-Type", "application/json")
		io.WriteString(w, fmt.Sprintf(`{"text": "Echo: %s"}`, payload.Text))
	})
	http.ListenAndServe(":8080", nil)
}

(1) では、トークンを利用したリクエストの検証を行っています。
(2) で、Outgoing WebHook のレスポンスとして投稿を作成しています。投稿を作成するには、ヘッダーにContent-Type: application/jsonを指定し、レスポンスボディにtextフィールドを含む JSON データを指定します。ここでは、受け取ったメッセージをそのまま返しています。

このサーバに対して Outgoing WebHook を送信した時の画面が下記になります。

response

Outgoing WebHook が送信されると、ユーザー名の横にBOTというラベルのついた投稿が作成されます。

レスポンスボディの JSON に含めることができるパラメータは、3 日目の記事で紹介した Incoming WebHook 作成時のパラメータと多くが共通します。異なる点は下記です。

  • icon_emojiは使用できない
  • channelによる投稿先の設定はできない
  • response_typeが指定できる

このうち、response_typecommentを指定した場合、Outgoing WebHook のきっかけとなった投稿への返信という形で投稿が作成されます。
先ほどのコードのレスポンス部分を下記のように変更し、

		io.WriteString(w, fmt.Sprintf(`{"text": "Echo: %s", "response_type": "comment"}`, payload.Text))

Outgoing WebHook によるリクエストを送信すると、下記の通り元の投稿への返信として投稿が作成されます。

as comment

さいごに

本日は、Outgoing WebHook の詳細な使い方について紹介しました。
明日からは、Slash Command の使い方について紹介していきます。

Discussion

ログインするとコメントできます