低スペのMacBook Pro late 2013にmacOS 11入れて意外とどうにかなっている話

1 min read読了の目安(約1400字

Qiitaと同時投稿 https://qiita.com/items/35198c27bcadb2ea82b4


TL;DR

  • OS更新時に発生していたバグは修正済みなので問題なし
  • パフォーマンスをあげる設定をしたり、使うアプリに気をつけていれば案外使える
  • Web開発ぐらいならいけるけど、dockerでバックエンド動かしているとキツくなる

スペック

メモリ4GB!!!!😭

文鎮化するバグについて

上記の記事では、古いMBPではmacOS 11を入れると文鎮化してしまうと書かれていますが、こちらのバグはmacOS 11.1にて解決しているようです。

パフォーマンスをあげる設定

  1. システム環境設定を開く
  2. アクセシビリティ→ディスプレイをクリック
  3. 以下2つの設定を有効にする
  • 透明度を下げる (必須)
    • dockの背景色などを透かせる機能だが、オフにするとパフォーマンスが劇的に良くなる
  • 視差効果を減らす (好みで)
    • 仮想デスクトップの切り替えやMission Controlなどの動き(視差効果)がフェードになり、パフォーマンスが少し良くなる
    • 個人的に視差効果は結構好きなので、有効にしていません

運用のコツ

  • できるだけChromeではなくSafariを使う
  • Electron系のアプリはできるだけ使わない
    • メモやmarkdownぐらいならvscodeではなくネイティブのテキストエディタ(CotEditorなど)を使用する
    • チャットアプリはSafariで頑張るか、スマホで対応する
  • vscodeを使用する際、使わない拡張は無効化するかアンインストールする

使ってみた感想

諸用でcorei7 MBP late2020という贅沢なものから7年前のMBPになってしまいました。
MBP late2020のときに使用していたBigSurの新しいUIに見慣れてしまい、一か八かでアップグレードしましたが、びっくりするほど普通に使えていて驚いています。
外先でも数時間作業できますし、Web開発ぐらいならserveコマンドを動かしながらブラウザで確認してもギリギリどうにかなってます。
ただ、メモリがカツカツなので使わないアプリやタブ、拡張などはこまめに確認しないといけません。
また、dockerでなにかをさせたら流石にキツいです。
そこまでヘビーな開発は求められていないのもあり、これで仕事しても全然いけそうです。

ただ、騙し騙し使っているのは事実なので、お金に余裕ができたらM1 MacBookAirが早く欲しいです、、