[gitmoji-cli] コミットメッセージで簡単に絵文字を使う方法

2021/05/30に公開約1,000字

概要

gitmoji-cli を使うと、コミットメッセージに絵文字を簡単に含められるようになります。
本記事では、gitmoji-cliの導入方法と使い方について、簡単に紹介します。

gitmoji-cli のインストール

GitHubのインストール手順に則って、gitmoji-cliを導入していきます。

$ npm i -g gitmoji-cli

はい。これで終わりです。インストールできたか確認してみましょう。

$ gitmoji -v
#=> 4.1.0

このようにバージョンが表示されていればインストール成功です!

使ってみる

使う手順としては、以下の通りです。

# ファイルに何か変更を加える
$ git add .
$ gitmoji -c

通常ではgit commitとするところを、gitmoji -cとします。
すると、ターミナルで絵文字が選択できるようになります(検索も可能)。

Image from Gyazo

絵文字を選択したら、次はコミットのタイトル、最後にコミットのメッセージを入力し、完了です。

Image from Gyazo

GitHub で見ると、こんな感じです。

おわりに

以上が、gitmoji-cliのインストールと簡単な使い方です。
絵文字で見やすくなりますし、コミットの種類も意識しながら実装できそうで良さそうです。

コミットメッセージに絵文字を含めたい方(主に初学者)の方は、ぜひ試してみて下さい!

Discussion

ログインするとコメントできます