Amazon CloudWatch Evidently でフィーチャーフラグを試してみた

2023/02/04に公開

概要

AWSで実現するモダンアプリケーション入門 を読み、Amazon CloudWatch Evidently という AWS のサービスでフィーチャーフラグが実現できることを知りました。

フィーチャーフラグとは、デプロイされているコードに変更を加えずに、アプリケーションの振る舞いを動的に変更できる仕組みです。
この仕組みにより、以下のようなメリットが得られます。

  • feature ブランチ肥大化など、開発上の問題の解消
  • 一部ユーザーのみ機能開放など、運用上の問題の解消

書籍内では、フィーチャーフラグ実現のために以下の手法が紹介されています。

  • 環境変数
  • SSM パラメータストア
  • CloudWatch Evidently

これを見て「CloudWatch Evidently って触ったことないな」と思ったので、「とりあえず触ってみた」というのがこの記事の概要です。

動作環境

環境構築

test_project というディレクトリ内で作業します。

$ mkdir test_project && cd test_project
$ bundle init
$ bundle config set --local path vendor/bundle

Gemfile に gem 'aws-sdk-cloudwatchevidently' を追加します。

Gemfile
# frozen_string_literal: true

source "https://rubygems.org"

gem 'aws-sdk-cloudwatchevidently'
gem 'rexml' # xml ライブラリがないとエラーが出るので入れた
rexml を入れた理由について

rexml なしで後述のスクリプトを実行したところ、下記のようなエラーが出たためです。

/test_project/vendor/bundle/ruby/3.2.0/gems/aws-sdk-core-3.170.0/lib/aws-sdk-core/xml/parser.rb:74:in `set_default_engine': Unable to find a compatible xml library. Ensure that you have installed or added to your Gemfile one of ox, oga, libxml, nokogiri or rexml (RuntimeError)

bundle install したら完了です。

$ bundle install

AWS 側の準備

認証情報

IAM ポリシー AmazonCloudWatchEvidentlyFullAccess をアタッチしたユーザー。

FullAccess にした理由

ReadonlyAccess のポリシーでスクリプトを実行したところ、以下のエラーが発生したため。

because no identity-based policy allows the evidently:EvaluateFeature action (Aws::CloudWatchEvidently::Errors::AccessDeniedException)

CloudWatch Evidently でプロジェクト作成

  1. CloudWatch のコンソールの左ペインから「Evidently」を選択
  2. project を新規作成
    a. プロジェクト名 : test_project
    b. 評価イベントストレージ : CloudWatch Logs (デフォルト)
    c. クライアント側の評価を使用する : チェックなし (デフォルト)

  1. test_project を選択
  2. 機能を追加
    a. 機能名 : test_feature_1
    b 機能のバリエーション : true/false を用意

コード

今回のデモでは以下のスクリプトを実行します。
user1 と user2 がいて、それぞれの flag がどうなるかを puts しているシンプルなコードです。

src/main.rb
require 'aws-sdk-cloudwatchevidently'

def flag(client:, entity_id:, project:, feature:)
  res = client.evaluate_feature(
    {
      entity_id:,
      project:,
      feature:
    }
  )
  res.value.bool_value
end

def puts_result(entity_id:, flag:)
  puts "#{entity_id}#{flag} です!"
end

# ※ 環境変数 AWS_ACCESS_KEY_ID, AWS_SECRET_ACCESS_KEY を設定してください
client = Aws::CloudWatchEvidently::Client.new
project = 'test_project'
feature = 'test_feature_1'

# user1
entity_id = 'user1'
puts_result(entity_id:, flag: flag(client:, entity_id:, project:, feature:,))

# user2
entity_id = 'user2'
puts_result(entity_id:, flag: flag(client:, entity_id:, project:, feature:,))

デフォルト値の変更

いったん既存の設定のままで実行してみると、デフォルト値が採用され、どちらも false になります。

$ bundle exec ruby src/main.rb
user1 は false です!
user2 は false です!

試しに、デフォルトを true にしてみましょう。

  1. CloudWatch > Evidently > test_project > test_feature_1 > 機能を編集
  2. feature_on の方をデフォルトに変更

ソースコードを変更しない状態で再度実行してみます!

$ bundle exec ruby src/main.rb
user1 は true です!
user2 は true です!

user1、user2 ともに true となりました!
「非公開状態の機能を公開する」というユースケースに使えそうですね。

特定のユーザーにのみ機能開放

オーバーライドを追加することで、特定のパターンでフラグの分岐をすることができそうでした。

  1. CloudWatch > Evidently > test_project > test_feature_1 > 機能を編集
  2. feature_off の方をデフォルトに変更
  3. オーバーライドトグルを開き、user1 を feature_on に設定

ここでの user1 は、evaluate_feature の引数で渡している entity_id と一致しています。

client.evaluate_feature(
  {
    entity_id:,
    project:,
    feature:
  }
)

ソースコードを変更しない状態で再度実行してみます!

$ bundle exec ruby src/main.rb
user1 は true です!
user2 は false です!

user1 はオーバーライドされた値、user2 はデフォルト値となりました。
「特定のユーザーにのみ機能開放」というユースケースで使えそうですね。

ただ、オーバーライドの個数は最大で 20 個までのようでした。
なのでユーザーIDを直接指定するのは、場合によっては要件を満たせないのかな、、と思いました。

機能 ON のタイミングをスケジューリング

起動設定なる項目がありました。
詳細を見るに、「指定の時間にどういう状態にするか」を設定できそうでした。

せっかくなのでこれも試してみます。

  1. CloudWatch > Evidently > test_project > 起動を作成
  2. 任意の時間で feature_on が 100 % になるようにスケジュール

ソースコードを変更しない状態で再度実行してみます!

# 17:10 前に実行しておく
$ bundle exec ruby src/main.rb
user1 は true です!
user2 は false です!
$ date
Sat Feb  4 17:09:58 JST 2023

# 17:10 以降に実行してみる
$ date
Sat Feb  4 17:10:02 JST 2023
$ bundle exec ruby src/main.rb
user1 は true です!
user2 は true です!

17:10 より前は user2 のみ false でしたが、17:10 以降は user2 も true になりました!すごい🎉
「この時間に指定の割合で機能を開放したい」というユースケースで使えそうですね。

ちなみに、現状の値の設定がどうなっているか、というと、、

  • デフォルトが変わるわけではない
  • feature_on が削除不可能になっている

という状態でした。

また、「起動をキャンセル」という項目があったので実行してみたところ、スケジュール前の状態に戻りました。

$ bundle exec ruby src/main.rb
user1 は true です!
user2 は false です!

実験

調べたところ、いわゆる A/B テストとして使用できる機能のようでした。
ソースコードの変更が必要そうなので、今回はスキップします。

まとめ

Amazon CloudWatch Evidently でフィーチャーフラグを試してみました。

機能開放をスケジュールできる部分がとても良いと思いました。
1 つの PJ で複数の機能を追加できるので、いろんな要望に対応できそうです。実務で使う機会があれば試してみようと思います。

Discussion

ログインするとコメントできます