🦁

docker-composeの覚書

1 min read

build

$ docker-compose build

docker-compose.ymlに書かれたサービスをビルドする。yml内のimageかDockerfileの記述からビルドされる。

config

$ docker-compose config

docker-compose.ymlの内容が表示される

up コンテナ作成・起動

$ docker-compose up -d

コンテナを作成・起動する。

-dのオプションはデタッチド・モード。バックグラウンド上でコンテナを立ち上げる

--buildをつけるとビルドも同時に行う。

ファイル名を指定してコマンド

$ docker-compose -f ファイル名 コマンド

$ docker-compose -f docker-compose-nginx.yml up -d

create

$ docker-compose create

コンテナを作る。起動はしない。作るだけ。

down

$ docker-compose down

コンテナを停止・削除。ネットワークの削除。イメージは消えない。

イメージを消すには--rmi allをつける。

restart

$ docker-compose restart

コンテナを再起動する。

rm 削除

$ docker-compose rm サービス名

停止中のコンテナを削除する。

exec

$ docker-compose exec

コンテナ内に入る

ps

$ docker-compose ps

コンテナ一覧を表示

logs

$ docker-compose logs

ログを見る

version

$ docker-compose version

Discussion

ログインするとコメントできます