Azure SignalR Serviceのエミュレーターがあった

1 min read読了の目安(約800字

Azure SignalR Serviceローカルエミュレーターがあった。

これでAzure SignalR Serviceを使ったプログラムの開発がローカルだけで完結できる。いちいちクラウド側に開発者ごとに開発環境作って設定してなんてストレス以外のなにものでもないのでエミュレーター重要。

使い方とかはリンク先が完結かつ必要十分に説明してくれてるのでそちらにおまかせ。

ただし、一点だけ注意。

2021/03/18 現在、Walkthroughは最新のコードでは動かない。どうやら使っているライブラリ側が最新すぎて互換性がないような感じ。実行すると普通にエラーが出る。v1.2.2のタグのコードやと動いたので、そちらで試しましょう。

AzuriteみたいにDockerで動かせたら、docker composeで一発で動かせるので、今度Dockerfileを作ろう。ソースコードをcloneしてからローカルで動かすまでの手順は0に近ければ近いほうがいい。