😎

Linux | 環境変数の登録・削除・確認方法

2022/12/21に公開約700字

はじめに

環境変数を登録・削除・確認する方法を以下にまとめる

macOS と Ubuntu で検証したので
macOS と Ubuntu で動作が担保されています。

環境変数の登録方法は
「一時的な登録方法」と「永続的な登録方法」の2つの方法が存在します。

今回は「一時的な登録方法」にトピックを絞って記事を書いてます。


対象読者

  • 環境変数の登録方法が「0.1秒」でパッと答えられない人
  • 環境変数の削除方法が「0.1秒」でパッと答えられない人
  • 環境変数の確認方法が「0.1秒」でパッと答えられない人

環境変数を登録して実際に登録されていることを確認する方法

  • 環境変数を登録するときは exportコマンド を使用する
  • 特定の環境変数が登録されていることを確認するときは printenvコマンド を使用する
# 環境変数を登録する
export http_proxy=http_proxy

# 登録した環境変数が正しく登録されていることを確認する
printenv http_proxy
# expected output : http_proxy

環境変数を削除して実際に削除されていることを確認する方法

  • 環境変数を削除するときは unsetコマンド を使用する
  • 特定の環境変数が削除されていることを確認するときは printenvコマンド を使用する
# 環境変数を削除する
unset http_proxy

# 環境変数が正しく削除されていることを確認する
printenv http_proxy
# expected output : 何も出力されない

Discussion

ログインするとコメントできます