LaradockでLaravelの環境構築

公開:2020/11/12
更新:2020/11/12
1 min読了の目安(約1500字TECH技術記事

前提環境

  • Mac
  • docker-compose使用可能
  • git使用可能

手順

  1. Laradockのインストール
  2. Laradockの.envファイル作成
  3. Dockerで開発環境起動
  4. Laravelのインストール
  5. ブラウザにアクセス

1)Laradockのインストール

任意のディレクトリを作成後、そのディレクトリに移動し、git cloneを実行する

$ mkdir my_project
$ cd my_project
$ git clone https://github.com/Laradock/laradock.git

2)Laradockの.envファイル作成

Laradockの設定ファイルの1つである.envファイルを作成する

$ cd laradock
$ cp env-example .env

エディタで.envファイルを編集する

変更前

.env
APP_CODE_PATH_HOST=../
DATA_PATH_HOST=~/.laradock/data
COMPOSE_PROJECT_NAME=laradock

変更後

.env
APP_CODE_PATH_HOST=../laravel
DATA_PATH_HOST=../data
COMPOSE_PROJECT_NAME=my_project

3)Dockerで開発環境起動

以下4つのコンテナを起動する

  • workspace
  • php-fpm
  • nginx
  • postgres

Laradockディレクトリに移動する

$ cd ~/my_project/laradock

コンテナを起動する

$ docker-compose up -d workspace php-fpm nginx postgres

コマンドを実行後、たくさんのメッセージが表示され、最後に以下メッセージが表示されればコンテナの起動に成功

Creating laravel-sns_docker-in-docker_1 ... done
Creating laravel-sns_workspace_1        ... done
Creating laravel-sns_php-fpm_1          ... done
Creating laravel-sns_nginx_1            ... done
Creating laravel-sns_porstgres_1        ... done

コンテナを停止したい場合は、以下コマンドを実行する

$ docker-compose stop

4)Laravelのインストール

$ docker-compose exec workspace composer create-project --prefer-dist laravel/laravel project_name

Laradockディレクトリで実行する

5)ブラウザにアクセス

Laravelのインストールが完了後、localhostにアクセスする
以下の画面が表示されれば成功
image.png