📝

【Mac】いつでもメモをするために

2023/01/01に公開約4,100字

PKM(Personal knowledge management)では、普段からメモをすることなどが大事です。
普段からメモの習慣がない場合、これが一番のハードルになります。このハードルを可能な限り下げるために、手軽にメモできる環境を整えました。

出来るようになること

cmd+/(プロンプト起動) → メモを入力 → cmd+enter(保存)

この操作を2023年1月1日に行った場合。
指定したフォルダの2023-01-01.mdというファイルに次のよう形で追記されるようになります。

### 16:54 記事を書く
Shortcuts.appを使ったメモの方法

なお、Macの標準アプリであるShortcuts.appを使用しているため、WindowsやLinuxの人はごめんなさい🙇

PKMというと、ZettelkastenやEvergreen notesなどが有名ですが、ここでは触れません。
とにかく一瞬でメモできる環境を構築することが目標です。

私のメモ環境

私は、Obsidianというツールを使って学んだことの管理を試みています。
今回はObsidianを使う必要はありませんが、どのような環境でメモしているのかを知ってもらった方がより理解しやすいかと思うので、簡単に紹介します。

メモのフロー

私は大きく分けて三つのフォルダを用意しており、上から順番にメモがどんどん移動していきます。

  1. Daily
    ここが今回のメイン
    Dailyフォルダには、2023-01-01.mdのようなファイルができるので、その日に思ったことや考えたこと、気づいたことなどを何でもメモします。
  2. Draft
    Dailyフォルダのメモの内容から、深掘りしたいことや知識に残したいこ事を抽出し、こちらのフォルダに新しくメモを作ります。
  3. Notes
    Draftフォルダのメモの中である程度内容が固まったものはこちらに移動させます。

まだ自分なりのPKMは試行錯誤中ですが、このくらいシンプルなフローの方が面倒くさがりな自分には合っているかと思っています。

本題

ここからが本題です。OSに標準で入っているショートカット.appを使って手軽にメモできる環境を整えます。
ショートカット.appを開くと、次のような画面が表示されるかと思います。

上の方にあるボタンをクリックすると、ショートカットを作るための画面が出てきます。

右のサイドバーからアクションを取り出して、ショートカットを構築します。

プロンプトを表示

入力するためのプロンプトを表示させましょう。右の検索欄でaskと入力すると入力を要求というアクションが出てくるので、取り出して配置します。

三角の再生ボタンをクリックすると、ショートカットが実行されプロンプトが表示されることが分かります。

文章を作成

次にファイルに追記される文章を作成します。
ここは人によって書きたいことが異なると思うので各々改造してください。
私は、次のようなテキストを作ります。

### 00:00 タイトル
内容

まずは、現在の時刻を取得する必要があります。検索欄でtimeと入力すると日付というアクションが表示されるので配置します。

次に、日付には様々な表示形式があるので、自分に合ったフォーマットに変更するため、日付をフォーマットというアクションを配置します。

次に、日付をフォーマット表示を増やすというテキストをクリック。ここでは時間だけが欲しいので、日付フォーマットのセレクトボックスをなしに変更します。
これで実行してみましょう。次のように時間だけ表示されたかと思います。

このフォーマットされた日付と、先ほどのプロンプトで入力されたテキストを組み合わせます。

textと入力し、テキストというアクションを配置。

ここに追記したいテキストを入力します。
プロンプトからの入力とフォーマットされた日付をテキストに使いたいので、これらが格納されている変数を使います。入力欄で右クリックして、変数を挿入を選択。

フォーマット済みの日付指定入力をそれぞれ選択します。

あとは通常のテキストも入力して、私は次のようになりました。

プロンプトからの入力は改行も受け付けるので、一行目がタイトルで二行目以降が内容になります。

ファイルへの追記

次は作成したテキストをファイルへ追記します。
対象のファイルは、Dailyというフォルダ内でISO 8601形式(YYYY-MM-DD)の日付を名前に持つマークダウンファイルです。
例:2023-01-01.md

まずは、先ほどと同じように日付をフォーマットします。今回はISO 8601形式です。

続いてtextと検索し、テキストファイルに追加というアクションを追加します。

アクションの内容を変更します。
今回はテキストDailyフォルダ内のYYYY-MM-DD.mdに追加したいので、次のように変更します。

これで実行してみると、テキストの追記ができるようになっているはずです。

ショートカットキーを設定

最後にショートカットキーを設定します。
右のサイドバーの上の方にある (i) のボタンをクリックすると、今回作ったショートカットの詳細画面が見れます。

キーボードショートカットを追加というボタンがあるので、ここをクリックした後に、設定したいショートカットキーを入力します。今回はcmd+/にしました。

これで完成です。
あとは呼び出してメモしまくりましょう。

Discussion

ログインするとコメントできます