Closed6

MDN翻訳プロジェクトに貢献してみる ( OSS contribution )

Motivation

MDNを読んでて、「あれ?これ翻訳ちょっとミスってるな...」と感じた箇所があったので、変更依頼を送ってみる。

環境構築

色々検索してたら、MDN Web Docs ドキュメント翻訳の始め方 というページにたどり着いた。

これの Step pre-3. ページの編集準備 に編集の環境構築の仕方が載ってるので行う。

行う内容はこんな感じ

  • 開発サーバーを建てるために mdn/content を cloneする
  • 本文のファイルがあるmdn/translated-contentfork & clone する

分かりにくかったので、ここで流れを書くと...

1. mdn/content をcloneする

git clone https://github.com/mdn/content.git

2. mdn/translated-content をforkしてcloneする

git clone forkしたtranslated-content

4. /content.env ファイルをつくって👇の内容を記述

.env
CONTENT_TRANSLATED_ROOT=[/translated-content/filesの絶対パス]
# (例)
# CONTENT_TRANSLATED_ROOT=/Users/junsei/workspace/mdn/translated-content/files

5. /contentyarnyarn start を実行して開発サーバーを起動する

cd content
yarn
yarn start

http://localhost:5000 で開発サーバーが立ってるか確認する

こんな感じのページが開く

6. /content-translated/docs/files/ja 以下のファイルがリンクに対応してるので、編集する

(VS Codeで開く)

cd content-translated
code .

編集する

各ページの上部に「Quick-edit」というボタンが追加されてて開くとこの様なインラインエディターが開き、変更すると、/content-translated に変更が保存されるので感動した。

編集しおわったら、pushする

cd content-translated
git push origin ブランチ名

プルリクを出す

Githubでプルリクを作る。

この時に、forkした元のmdn/content-translatedmain をmerge先に指定できる。

プルリクを作成すると、mdn/content-translated` 上に プルリクが立って、レビュワーがbotによってアサインされる。感動!

実際に作成したプルリクはこちら
レビューされるの待ち...

このスクラップは2021/08/31にクローズされました
ログインするとコメントできます